« 新作フルサイズ機を断片的に考察する | トップページ | 秋色169 »

2012年9月26日 (水)

秋晴れと169

 いつもの定点観測地で、変わり映えなく。ただ、山の稜線が久しぶりに見えた。

Img_0151_926_2rs

EOS 5D MarkⅡ/EF50mm 1:1.8Ⅱ F5.6/  1/1600sec  ISO200  RAW

今度は、新しいレンズで新しい視角に挑戦。

Img_0166_926rs

EOS 5D MarkⅡ/Tokina AT-X16-28(25mm)  F5.6/ 1/1600sec ISO200  RAW

 動体にはあまり向かないといわれるEOS 5D MarkⅡですが、だんだんと息が合ってきてタイミングも取れるようになってきた。フルの広い視野角のファインダーが、適度の緊張感を生む。
 レンズ専業メーカーゆえ収差がソフトウェア補正できない素の広角ズームにしては、歪曲収差は頑張っているのではないか。周辺光量も一段絞れば、良好になる。

|

« 新作フルサイズ機を断片的に考察する | トップページ | 秋色169 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/55753626

この記事へのトラックバック一覧です: 秋晴れと169:

« 新作フルサイズ機を断片的に考察する | トップページ | 秋色169 »