« VIVIO・・・フロントブレーキのOH | トップページ | 標準ズーム »

2012年9月 9日 (日)

VIVIO・・・リヤホイールシリンダのOH

以前H24/3の点検でも、それなりに怪しい点があった。

Whcup

また、去年H23/8のブレーキホース交換に際して、ブレーキフルードがさび色になっていて、なかなか新液の色にならなかった。そこで、ホイールシリンダを外して分解してみると

右後・・・orz

Wc_r2

左後・・・orz

Wc_l1

14年、58900kmでこの惨状。
ゴムの弾力は未だ残っていたが、シリンダにスラッジというのかプラークというのか、さびのような堆積物がこびりついていた。
特に左のピストンは固渋気味だった。
ゴムパーツのみ取り替える方法もあり、それなら部品代は700円台でできる。
が、ピストンにシールをかぶせるのに専用の冶具があったほうがやりやすいこと、結果的にピストンのさびが認められるたこと等で、今回はピストン丸ごと変えることにした。(左右全部で2200円ほど)

Wc_l4

シリンダー内壁をピカールで穏やかに磨いてぴかぴかにした。

Wc_l5

特に力を要するようなことも、微妙な作業もなかった。

Wc_r4

シリンダを元の部位に取り付け、作業は順調に終了するかに見えた。
ところが・・・右側のエアーブリーダを緩める場面で事故は発生した。

Wc_r_orz

フロントのブリーダは対辺10mmだが、リヤは8mm。何の疑問も持たず実物を見ないで10mmのフレアナットレンチで回そうとしていた。肉厚のフレアナットレンチが災いして、回す力ではなく、曲げる力になっていた。結果、折れた。心も折れた。
エア抜きできないので、部品が来るまで運行停止。
ホイールシリンダassy、ピストンやゴムシールもセットになっていた。9062円也

Wc_r_assy

オリジナルはNABCO製だったが、補修パーツはMiyaco製。NABCOは職場的に馴染みのメーカーである。(日本エヤーブレーキ)と思ったら、最近ではNabtescoになっていた。

助手に頼んでエア抜き。おお、今度はほぼ無色透明な新液がブリーダから出てくる。

さて、試運転。
一発踏んだだけで「おお、いいじゃん。」
ちゃんと四輪がブレーキ力を担っている感じで、ごくナチュラルに止まる。
痛い代償を払ったが・・・それだけの見返りはあったと考えることにしよう。

|

« VIVIO・・・フロントブレーキのOH | トップページ | 標準ズーム »

コメント

14年で6万Km弱…大事に扱っていても、経年劣化は仕方ないところですね。
前のストーリアでは、フルード関連は車検毎に交換を依頼していましたが、錆の出具合いは自分で確認しないと分からないですね。
特に不具合が無ければ、定期的に交換する部位でもなさそうですし。
うちのデミオも来月には最初の車検なので、そろそろディーラーに連絡しておかないと。

投稿: ich | 2012年9月 9日 (日) 08:48

>ich様

 逆に言うとブレーキフルードを定期的に交換していれば、ここまでの劣化はなかったように思います。
どうもこの車、車歴の中で使用されずにある程度長い間放置されていた期間があるように思います。
フロントのブレーキのピストンの錆び具合からそれが伺えます。
 今後、費用をあまりかけずに性能を維持していく基礎資料が得られたような気がします。

 ichさんのデミオも初車検ですか・・・。時の経つのは早いものですね。

投稿: keypon13^2 | 2012年9月10日 (月) 10:52

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/55611617

この記事へのトラックバック一覧です: VIVIO・・・リヤホイールシリンダのOH:

« VIVIO・・・フロントブレーキのOH | トップページ | 標準ズーム »