« EOS Mの機動性を生かしてみた | トップページ | とにかく169の姿 »

2013年1月31日 (木)

バッテリードライブアンプの憂鬱

 鉛シール蓄電池+安定化電源で”当社比”最高の音質を得たかに思えた、まね田式3W+3Wアンプなのだが・・・
 静粛でかつ活気にみなぎるのはいいが、ソースによっては低音過剰なのが気になりだした。AC電源時代に最適化したフルレンジスピーカーとの相性もあるにはある。

AC電源:   中高音:わずかに騒がしさあり 低音:パンチ力と量感のバランス良好
DC直接:   中高音:澄み切った静けさ    低音:パンチ力も量感も後退
DC+安定化:中高音:澄み切った静けさ    低音:パンチ力も悪くはないが量感がなぜか優勢。量感があるのは悪くはないが、もうほんの少しの制動力を伴ってくれれば・・・

 この謎解きのひとつとして・・・
 充電中誤って電流計で充電池を短絡してしまったのだが、思ったほど大きな電流にならなかったことだ。つまり、意外と鉛シール蓄電池の内部抵抗は大きいのではないのだろうか。
 大して音質的吟味もせず、安定に動作するだけの安定化電源の性能も疑われる。

 久しぶりに、金田式パワーアンプに火を入れて聞いてみる。
確かに、低音はもともと豊富に入っているソースだった。でも、ちゃんとドラムを蹴っ飛ばす感じとかベースの弦が空気を震わす感じとか、低音の中身が聞こえてくる。
 きちんと尺度と情熱を持って検証したアンプと回路動作だけを真似たものは、似て非なるものとの感を抱かずにはいられない。

 解決法として、
1.AC電源に戻す→一度かじった甘美な果実の味(バッテリードライブの中高音)を知ってしまったからには、もう戻れない。
2.スピーカーの再チューニング→もっとも安直にできる。しかし、ある部分の欠点を他で補うことは、本質的な改善にはならない。
3.金田式の超高速レギュレーターを採用する→プリアンプはもう使っていないので余剰の部品を利用して・・・

Kaneta_pri_regu1

S56-57頃「無線と実験」誌で発表したディスクリート二段差動誤差アンプを使用した”超高速”シリーズレギュレーター。

・幻の2SC1161、2SA566。後年、雑誌の読者の売ります買いますコーナーで手に入れたもの。入手は絶望的だから決して壊してはいけない。そのため、設計的には余裕があるはずなのだが、A566には気休めにもアルミの放熱フィンが付いている。
・配線はダイエイ電線に限る。それも白被覆はダメとか。
・双信丸型フィルムコンデンサー 角型は決して使わないこと。

Kaneta_pri_regu2

・裏側の部品相互の接続には、MOGAMI電線のNEGLEX2497の芯線7本撚り。手脂でさびないよう、細心の注意を払った。
・そのくせ、基板はサンハヤトのベーク基板。ガラスエポキシは音が悪い、といって”許可”にならなかったのだ。
・双信SEコンデンサー(黒い四角のもの)・・・絶縁物に最高級のルビーマイカを使っているとか何とか。数十pFでも千円近くした。当時、土木作業のバイトで得た金を握り締めて、冷や汗とどきどきする心で810円出してこのコンデンサーを秋葉のお店で買い、自室に戻ると紛失していた。諦めが付かず、また買った店まで下を向きながら探した。なかった。仕方が無い、店でもうひとつ買おうと顔を上げると、店員さんが、「君、これ置いていったよ。」とSEコンデンサーを差し出してくれた(笑)

 ダメだ。こんな神々がおわすところの、こだわりの結晶のプリアンプ用電源を、生半可な知識でパワーアンプ向けに定数変更しようとしても、まともに動かないに違いない。せめてオッシロスコープがあれば・・・。

 しばらくは、本物の金田式アンプで耳の尺度を矯正しなければいけないかも。

|

« EOS Mの機動性を生かしてみた | トップページ | とにかく169の姿 »

コメント

あくまでも私の場合ですが。

デジタル式イコライザで周波数ごとの音圧を設定し、それをパソコンに保存する方法で二ヶ月ほどテストしました。

結果、数十個のファイルができ、最良を決めきれませんでした。

それは機械の問題ではなく、私の体調とか気分の幅が大きく左右するからみたい。

ピアノやチェロみたいな体を使う楽器って、体調によってコロコロ音が変わるのですが、耳も同じですね。


ま、宗教曲弾いててもロックぽいと評価されるレベルの私ですから当てにはできませんが(笑)

投稿: 極楽蜻蛉 | 2013年2月 4日 (月) 15:42

>極楽蜻蛉様

 体調や気分の浮き沈みで聴感もだいぶかわるのは、よく実感します。
 しかし、このまね田アンプは音質的な検証をほとんどせずに、自分で設計したという痕跡を残したいがためだけに作ったものでした。
たまたま、ほどほどのバランスでフルレンジ用にはけっこういい程度には鳴っていたわけですが、バッテリードライブを持ち込んだことで、耳の要求水準は高まり、現状では総合的なバランスを欠く状態なのだと思います。多分、師に言わせれば「魂の抜け殻の虚弱音質」状態でしょう。アンプ、電源の誤差アンプのオープンゲインをもっと稼がないといけない。
 ひとつ上の答えが出せるかどうか、じっくり取り組んでいこうと思います。

投稿: keypon13^2 | 2013年2月 5日 (火) 20:11

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: バッテリードライブアンプの憂鬱:

« EOS Mの機動性を生かしてみた | トップページ | とにかく169の姿 »