« 連続長秒時のダークノイズ、EOS Mはダメなのか? | トップページ | 春過ぎて夏来にけらし・・・ »

2013年4月 7日 (日)

青天の霹靂、S51編成が湘南色

 3月のダイヤ改正で定期運用からはずれた169系のうち、S51編成が急遽?湘南色に塗装されてS52編成と堂々6連で姿を現した。

S51_shonan_tcup

 この塗り替えに際しては、スポンサーが現れたからにほかならない。

S51_shonan_mc

 クモハ、モハにトップナンバーをもつS51は引退の後、坂城町に静態保存されることになった。

 鉄の町坂城にふさわしい、ちょっと心温まる出来事だ・・・といっても、ここの鉄は日本刀で有名なのだけど。

撮影4/7

急行「信州2号」

Exp_shinshu2_0407


「信州1号」

Exp_shinshu1_0407


「信州4号」

Exp_shinshu4_0407


「信州3号」・・・こちら向き3両がS51

Exp_shinshu3_0407

信州2,3,4号:EOS 5D MarkII /EF 70-200mm F4L USM/JPEG トリミング
信州1号:EOS M/EF-M 22mm 1:2 STM/RAW  トリミングなし

 S51編成は信越本線はもちろん、篠ノ井線、中央東線、飯田線、長野電鉄屋代-湯田中、そして非電化の小海線にもDLにひかれて運転された。
保存対象となると・・・トップナンバーは、やはり得だ。S53編成が不憫ではある。

 沿線の撮影好適ポイントはどこも白レンズやナノクリレンズの砲列。そこで・・・

 おおかたの優等列車はわが町を全速力で駆け抜けていってしまったが、急行は一部が止まってくれた。急行券を握り締めてどこか遠い町へ・・・そんな旅の始まりのワクワク感。
通学路から畑をかすめていく湘南カラーの列車。初めて169系が走り始めた、自分が小学生低学年の頃目に映っていたであろう光景をイメージして、撮影地を選んだ。

 もっとも、引退前提であることにはかわりない。昔の人気ユニットが期間限定で再結成されたような、懐かしい、しかし、やっぱり昔とは違ううら悲しさを伴いながら。

|

« 連続長秒時のダークノイズ、EOS Mはダメなのか? | トップページ | 春過ぎて夏来にけらし・・・ »

コメント

信州は桜がもうすぐというところでしょうか、169のラストラン時には満開だとよいのですが。 残るオリジナル?カラーはS53のみですが、3編成つなげて9連をまた再現して欲しいものです。

投稿: touhenboku | 2013年4月 8日 (月) 18:17

>touhenboku様

 信州と一口に言いましても、標高差がずいぶんあり、既に満開の場所もあれば未だつぼみの地区もあります。
標高900m超の地区では、四月下旬と言うところでしょうか。
 今年は冬は寒かったですが春になって気温が高い日が多いので、ラストランとちょうど良いかそれより早まるかもしれません。
「S53も湘南色」みたいなミラクルはさすがに夢なんでしょうが、9連も見てみたいですね。

投稿: keypon13^2 | 2013年4月 9日 (火) 12:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/57127649

この記事へのトラックバック一覧です: 青天の霹靂、S51編成が湘南色:

« 連続長秒時のダークノイズ、EOS Mはダメなのか? | トップページ | 春過ぎて夏来にけらし・・・ »