« 御座山の夜2013・・・追尾編 | トップページ | 今日のチャリ走行 »

2013年6月 2日 (日)

TNI号リニューアル

 去年、フロントハブの固着、ボールのさびが発覚したチャリTNI号、ボールだけ新調して急場をしのいだのだが、結局、去年トータルで数十kmしか乗らない、という体たらく。

 原因は、玉だけ替えても、ハブ内部の椀のほうもさびで損傷し、ごりごりとした回転となること、および、リムを段差に強打したらしく、特定の場所でブレーキが脈動して不快極まりなかったことによる。

 しかし、去年より15kgほども体重を落とすと、チャリが楽しい。ターボが効いているように余力がある。更なる減量は徐々に限界に近づいているが、この体重を維持すること、および、運動不足の解消に、チャリをもっと重視していい。

 ということで、前輪のリムとハブを更新することにした。(実はもっと前、経済的に今よりは余裕のあるときに発注したパーツが今頃来て、ビビッている・・・笑)

 スポークの組み方を自分の防備録として・・・。
1.リムの穴は「千鳥」になっている。

Limzigzag

一番最初に挿すスポークを、側の近いほうに選ぶこと。(画像上から来るスポークは、中央より上に並んだリム穴を選ぶこと)
これを無頓着に組むと、組みあがってからニップルのすわりが悪いことに気づき、ぜーんぶ組みなおしの刑が待っている(苦笑)

2.リムから出たスポークは、隣を1として半時計周りに5つ先の(頭が反対の)スポークを選ぶ。

Lim0

これを、3つ先のスポークを選んで組むと、仮組みでは組める。組めるが、長さがあまってブカブカになり収拾しえない・・・(苦笑)
また、外側から出たスポークはペアのスポークの内側になるように交差させる。

3.片側全部仮組みし終わって、反対側の最初をどこに嵌めるか。

Limrg

任意に選んだ5つ飛ばしのスポークのペアの先を揃えると、仮組み終わった側のスポークがすでに嵌っている。その「既得権」のスポークをまたぐ隣通しの穴を選ぶ。

Limrng

↑これはダメな例。2つのスポークの先が合っていない場所をスタート地点にすると、次第に歪んで収拾がつかなくなる。

めでたく振れ取りまで完了した輪軸

Limz

 このリム、アンブロシオエボリューションは、過去の経験上、あまりキリキリ締め上げてはいけない気がしている。弾性の限界が意外と速く来る。どちらかというと剛より柔なタイプ。ニップルの台座がリム表面に出っ張るより前に止めるのがいいようだ。あまり締め上げられないとスポークの張力が不足するかと思ったが、締めすぎてもかえってリムが塑性変形を起こし、張力が上がらない。

Tnibike

ともあれ、完成。さて、今年はいっぱい乗るぞ・・・。ほんとかなー?
約4kmのうちに標高差150mはあるであろう「オー点」までを日課としよう。

6月2日(登りのみの記録)
Dst3.53km Tm18m34s Av11.3km/h Mx20.8km/h Odo4066.1km

|

« 御座山の夜2013・・・追尾編 | トップページ | 今日のチャリ走行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/57512722

この記事へのトラックバック一覧です: TNI号リニューアル:

« 御座山の夜2013・・・追尾編 | トップページ | 今日のチャリ走行 »