« ラブジョイ彗星 20131213 | トップページ | 魚眼2態 »

2013年12月28日 (土)

tragiclanternをEOS Mに導入してみた

 今までも、ネットを散歩しているとマジックランタンというのは時々目に留まった。
元はEOS 5D MarkII の動画機能をフルに引き出す試みだったようだ。
 ちょっとHPをみてみると、インターバルやバルブタイマー機能もついており、天体用にも便利そうだ。ただ、EOS 5D MarkIIはもともとレリーズ端子はあるので、タイマーリモコン(TC-80N3) があれば、困ることもなかった。
それに、純正でないものという不安で、導入は見送っていた。
だけど、以前にもPHD Guidingにはお世話になったし、いやなら元に戻せるようだし。

 リモコン端子のないEOS M。これにマジックランタンを導入できたら、星用途での機能的な不満は一気に解決するのではないか。思い切って、やってみることにした。
しかし、まだ、ベータ版以前の、アルファ版とでもいいますか、

http://anonymousdelivers.us/95308

作者不明、その名もTragiclantern
tragic:悲劇的な、とか欠陥のあるとかいう名前・・・がつけられているのは、開発途上としても、自嘲的というか、ちょっとお茶目。

EOS 5D MarkII 用には、stableなバージョン-V2.3がある。
Kiss X50=1100D用にもあるようだけど、どういうわけかうまくいかなかった。
X50は、リモート端子もあるし、当面はノーマルで残しておこう。

Tragic0

解凍して、

Tragic01

 

 

  カメラで物理フォーマットしたSDカードにこの3つをコピーし、カメラでファームウェア更新を行うと、成功したようだ。
  電源を入れなおし、はたと悩んだ。
何もノーマルと変わらない。・・・??
この間、数日経過(笑)

メニューを呼び出すのは、2つの指でタップすることで行われる。するとなんと盛りだくさんのメニュー!

Tragic1

この中で、個人的にはカメラアイコンの「Interv(インターバル)」と「BulbT(バルブタイマー)」があれば充分。

Tragic_int

Take a pic everyは、前の露光終了から次の露光開始間での時間という理解で良いようだ。
比較明で星の軌跡を繋ぐには間隔はできるだけ短く、3秒位がいい感じ。
バルブタイマーと併用するときは急ぐこともないし、8秒くらい間隔を空けたほうが安定する感じだ。
Start triggerはHold Half Shutterが使いよかった。(1秒、半押しを継続)


バルブタイマーもありがたい機能。

Tragic_bt

最高8時間までduration(継続)を設定できる。バッテリーのほうが先に干上がるのは間違いないけど(笑)
そして殊にありがたいのは、バルブ中のディスプレーを消灯できることだ。
Don't change(EOS M本来の表示=露光時間表示)/Turn off(消灯)/Show previous pic(前の画像表示)が選べる。

あと有能な機能はディスプレーアイコンの「DisplayG」ゲインだ。
ゲインを最高+7EV上げられる。
上げられるけど、ノイズも一緒に上がってきて赤い粒粒だらけの画面になる。その代わり、更新fpsは変わってないので反応性は落ちてない。有効かどうかは微妙だった。
ただ、星景で地上風景を確認したい場合には有効だった。その場合もせいぜい+1EV。

さて、こんな夢のような機能が備わったTragiclanternだが、”悲劇的”なバグがひとつ体験された。それは、IS付きレンズで、シャッターが切れないことがあるということ。

対策は、
・電源を入れなおす
・レンズをロック解除して外す方向に回してからまた装着する
ということがわかっている。

EOS MをEF-M 11-22mm 1:4-5.6 IS STMが優秀だから使いたいのに、ちょっと困った現象だ。それに、割と高い確率(体感的には1/2程度)で発生する。それに、レンズを緩めると、ピントは再確認しないといけない。
まあ、天体は、そう急ぐ場面は無いからやり直せばよい。

問題は、普段の撮影、Tragiclanternの機能を使わないときにも発生することだ。
そのときはEF-M 22mm 1:2 STMを使えばいいのだけど。
普段用にはEOS M2が別に欲しくなるf(+_+)☆\(-_-#)

とはいえ、他の付属品なしで星モードに使えるのは便利だ。
バルブタイマー3m45s設定での作例

Mltest1_eosm

EOS M/EF-M 11-22mm 1:4-5.6 IS STM (11mm)F4開放/バルブタイマー225sec ISO400
12/25 22:01-
POLARIEにて追尾

インターバルタイマーでの作例

Mltest_eosminterval

EOS M/EF-M 11-22mm 1:4-5.6 IS STM (11mm)F4開放/インターバルタイマー30sec×12 比較明合成 ISO400
12/25 23:01- 固定法

↑シャッターが切れないバグが発生し、レンズを緩めて付け直したがピントを確認していなかったのでボケてしまった。

いつかは"Tragic"lanternからMagiclanternに進化して欲しいが、承知の上使えば、現状でも非常に星的機能が向上する。
地球のどこかに、こんな開発に取り組んでいる人たちがいると考えると、ネットって素晴らしいものだと思う。こんなフォーラムに参加して、向上のお役に立てればと思うが、英語力の壁はいかんともしがたく・・・(苦笑)
キヤノン大本営も、何かを感じ取って欲しいが。

|

« ラブジョイ彗星 20131213 | トップページ | 魚眼2態 »

コメント

大変ご無沙汰しています。
最近ナノとS120で天体撮影をプチ復活しています。(^^ゞ
APS-CのEOS Mが気になっていたのですが、良いですねこのファーム。
M2が出て値崩れしてくれるのを待ってます。(笑)

投稿: Fuuma-mfuk | 2013年12月28日 (土) 23:23

>Fuuma-mfuk様

 お久しぶりです。
時々拝見していました。
天体撮影のプチ復活、おめでとうございます。
プチとはいえ、すでに本格的なような(笑)
このファームもより安定性が向上すれば、EOS Mも星にとても有用になります。
S120、なかなかいいですね。
EOS MもS120+αのところまでは値段が下がってきましたが、EOS M2の供給が遅れているせいかまだあまり値崩れ?してませんね(苦笑)

投稿: keypon13^2 | 2013年12月29日 (日) 06:54

こういうのを見ると、デジタルはソフトウエア次第なんだなあ、と実感します。

というか、長秒時露出やノイズリダクションの選択なんかはユーザーの好きにさせて欲しいです。
実害が全くないとは言い切れませんが、拡張機能程度で対応しても・・・というのは、やっぱり少数派なんでしょうかね。

投稿: ich | 2013年12月29日 (日) 09:25

>ich様

どうしてもメーカーは、さまざまな詳しくないユーザーにも使えるような商品としてのまとまり、
本当は乗せられるけど、承知の上で使わないと非難の的になりかねない特殊機能は、思い切って削ぐ勇気も必要かと思います。
例えば、バルブで8時間(笑)なんて、電池寿命上も熱ノイズ上もありえないし、
ディスプレーゲインアップも撮像画像がノイズまみれになるんじゃないかなどと誤解を与えます。

承知の上で使う、という機能をどうメーカー製品としてのまとまりのなかで盛り込むかは面白いテーマのような気がします。

投稿: keypon13^2 | 2013年12月30日 (月) 22:27

はじめまして 昨日EOS Mを購入いたしました。星撮りに使用のため早速tragiclanternを入れてみようかと思っていますがダウンロード先がわかりません。リンク先がそうなんでしょうか?何だか違うサイトに飛ぶようで・・・よろしければ教えていただければと思います。よろしくお願いいたします。

投稿: nonka | 2014年1月29日 (水) 06:40

>nonka様

当エントリのリンク、すでに切れていますね。
まだ進化途中なので、このようなことが起きます。
私も、より進化したもので試したいのですが、何かファイルが足りないようでうまくいきませんでした。参考までに、
よそ様のでうまく行ったらしいのを貼っておきます。

http://www.grkt.com/2013/11/28/1909

投稿: keypon13^2 | 2014年1月29日 (水) 07:12

ありがとうございます。本日Tragiclantern無事入れることが出来ました。インターバルシャッター&バルブ動作いたしました。
残念なことに私のEOS Mも同様のバグ再現いたしました。IS付でシャッターが切れないってやつです。
早く解決すれば良いですね。

投稿: nonka | 2014年1月30日 (木) 21:29

>nonka様

 うまくいきましたか。おめでとうございます。
でも、まだ最新のでもバグが出るのですね。解決できるといいですね。
なお、EF-M 11-22mm 1:4-5.6 IS STMの場合は、電源入れなおしたり、レンズをマウントから緩めたりするほかに、一度ズームリングを収納(沈胴)状態にしてから戻すことによってシャッター切れない状態から脱出できることに気づきました。

投稿: keypon13^2 | 2014年1月31日 (金) 00:54

悲しい事実が判明いたしました。Samyang14mmだとシャッターが切れません。Canonの70-200 F4は使えます。星景写真用に買ったこのカメラですがメインのSamyangが使えないとなると悲しすぎます。泣)

投稿: nonka | 2014年2月 1日 (土) 11:44

>nonka様

 SamyangはEFマウント用を純正のEF-EOS Mアダプターで使っていますか。
情報接点が生きているんでしょうか。試みにマウントをやや緩めて接点が情報をやり取りしないようにとかでもダメですか。
いっそ全く情報の通わないPENTAX Kレンズ+EOS PKアダプター+EF EOS Mだと、普通にシャッター切れますので・・・。
 どちらかというと、RAW動画やりたい人とかがその方面で研究しているようですね。動画だとISレンズでも固まらずに普通に録画できるんですよね(苦笑)
 静止画のほうもいずれ手をつけて欲しいところではあります。

投稿: keypon13^2 | 2014年2月 1日 (土) 19:36

Samyang14mmでシャッターが切れないって件ですがバグでも何でもなく電子接点のないレンズではシャッターが切れない仕様でした。Canonのカスタム設定で設定出来ました。問題なくSamyang使えています。あとはISレンズのシャッター切れない点の改善のみ期待です。ズームリングを収納(沈胴)状態にしてからって言うのは無理でした。

投稿: nonka | 2014年2月 4日 (火) 20:00

>nonka様

 レンズなしレリーズ可に設定しないと・・・あっ、そうでしたね。トラブルシュートがあらぬ方向でしたm(_ _)m
Samyang14mm使用可能とのこと、おめでとうございます。
私は、レンズのイタズラを真っ先にしたい人間なので、EOSについては購入するとすぐにレンズなしレリーズは無意識のうちにONにしてました。
 ズームリングの件ですが、EF-M 18-55mm 1:3.5-5.6 IS STMについては、私のもムリです。EF-M 11-22mm 1:4-5.6 IS STMのみ通用しました。まあ、これも、Tragiclanternのバージョンによるでしょうから、同じようにはならないかもしれません。
 いずれにしても早くstableなバージョンが欲しいですね。

投稿: keypon13^2 | 2014年2月 5日 (水) 08:55

今日発見したことがあります。相変わらずIS付のレンズではシャッターが切れない現象は解決しておりませんが(レンズを脱着すれば可能)なぜかWifi機能付のSDカードの場合はこの現象が現れません。ちなみに私のカードは「PQI Air Card」ってものですがこのカードを入れるとそのままシャッターが切れます。バッテリーの持ちは悪くなりますが使えています。

投稿: nonka | 2014年3月 1日 (土) 23:11

>nonka様

 レス遅くなりまして、失礼しました。

 Wifi機能付のSDカードを使うことにより回避できるなら、朗報ですね。情報ありがとうございました。
普段の撮影用に、EOS Mボディの中古を買おうか、などと半ば本気に考えていた(笑)ので、ありがたいことです。
私も試してみようかな、と思います。
また、このことで解析が進んで解決に至ればいいですね。

投稿: keypon13^2 | 2014年3月 3日 (月) 21:45

tragiclanternをEOS Mに導入してみたくて情報を探していて、このページにたどり着きました。

おかげさまですんなりと導入でき、気になる不具合も殆ど無く快適に使用しております。

が、しかし、インターバルタイマーの間隔の設定変更ができないんです。

下記の画面の・・・出し方がわかりません。
どうか出し方を教えていただけませんでしょうか。
http://shinshu-no5.cocolog-nifty.com/photos/uncategorized/2013/12/28/tragic_int.jpg

大変お手数ですが・・・どうか宜しくお願いします。

投稿: mina | 2015年9月12日 (土) 12:35

>>mina様

 お待たせしました。
自分でも忘れかけていて迷いました(苦笑)
当エントリの画像Tragic1(メニュー画面)からTragic_int(インターバルの設定画面)の状態にするには、
EOS Mのコントローラーホイールを横に押してメニュー画面のカメラタブを選び、縦方向下に1回押してインターバルボタンにたどり着き、
SETボタンを押すごとにインターバルタイマーが有効無効になり、その液晶で表示されているインターバルボタンを指でタッチすることで、インターバルメニューが開きます。
迷っていると、数秒で撮影画面に復帰してしまいますので、間髪を入れず操作します。
こんな感じでいいですかね?

投稿: keypon13^2 | 2015年9月13日 (日) 18:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: tragiclanternをEOS Mに導入してみた:

« ラブジョイ彗星 20131213 | トップページ | 魚眼2態 »