« K-5のダークノイズは、実は光漏れだった!? | トップページ | たまにはPENTAXにお布施(!?) »

2014年1月10日 (金)

EOS Mと1年

 一言で言えば、小さいのに良く写る。星も撮れる。いつも持って歩いて、シャッターチャンスに備えたい。一眼レフではためらう普段の持ち歩きが出来る。この点では今まで出来なかったことができる、という戦力として新鮮味があった。 

 EOSの定義が快速・快適、ミラーレスとして最後発なので、キヤノンが出すからには期待値が高かったこともあり、AFの速さ、撮影後のブラックアウトなど、EOS Mに対する評論家の評判は芳しいものではなかった。

 確かに瞬間にピピッと来る、何世代か経験を積んだライバル社のミラーレスと比べると、ちょっとトロいかなぁ、とは思うこともあるものの、一部で言われているほど悪くはない。ライバルも至近距離だと合焦位置を行ったりきたりすることもあるし、EOS M2も出て、AF速度的な胸の閊えもおりた。(まあ、この辺はアバタもえくぼの類)

 個人的にはEOSというからには、リモート端子やEOS Utilityを使った制御が出来なきゃおかしいと思っていたが、マジックランタンの導入で個人的には解決を見てしまった。

 堅牢でトラブルに当たったこともなく、信頼が置けた。普段のスナップにはEF-M 22mm 1:2 STMをつけっぱなし。また、広角ズームEF-M 11-22mmもミラーレスならではの小型軽量と高画質を両立していてうれしい。

 今後、レンズはどんな展開になるのか?時間がかかるのならロードマップを示して欲しい。
 課題は、像面位相差を備えているのだから連続AF、動態予測AFが出来なきゃ本物じゃない。そしてバリエーション展開はどうするのだろうか。ライバル社が力投をしている中、どう戦うのか。一味違った魅力を出して欲しい。

 とはいえ自分的には新鮮味をもって、1年経っても飽きずに使ってこれたEOS M。マジックランタンを入れてないノーマル用にもう一台欲しかったりするf(+_+)☆\(-_-#)
お祝いに、

Si7

こいつを奢ってやった。EOS MもこれでRAWからの処理に対応できるわけである。

Eosm_hinomal_si7test2

EOS M/smc PENTAX 1:5.6 3.2mm(03 FISH-EYE)/540sec ISO400 RAW SI7で画像処理。
背景の色が好きなように調整できるのがうれしい。

Eosm_hinomal_si7test3

雰囲気その2。SI7で画像処理。スターシャープ処理。ちょっと寂しくなっちゃったかな。
まあ、使いこなしはこれから。

|

« K-5のダークノイズは、実は光漏れだった!? | トップページ | たまにはPENTAXにお布施(!?) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: EOS Mと1年:

« K-5のダークノイズは、実は光漏れだった!? | トップページ | たまにはPENTAXにお布施(!?) »