« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月28日 (火)

NEX-3Nのいじわるテスト

 久々のソニー製品、私にとって家電屋メーカーの初めてのカメラ。その出来映えはいかに。
過去の感情は捨てて(捨てきれるかなぁ)、お手並みを拝見。

 まず箱を開いて・・・ケチい。ボディマウントキャップが別売り。しかも、取り寄せになるそうだ。まあ、300円しか払っていないおいらのほうがケチいか(笑)
 充電器もない。ああ、本体にケーブル挿して充電できるからいいのか。
 
 充電池はいいね。容量大きめだし、infoLITHIUMなので残量が的確に把握できる。
 画像処理ソフトのCDとか、付いてこないの?インターネットでダウンロードできるからいいのか。

 本体・・・底部の外装合わせ目、前後の部材で段差があってチャチい。面の滑らかさも、プラモデル並み。いや、ガンプラのほうがいいかも。プラスチックでも構わないけど、もう少し精緻な感じにならんのかなぁ。
 液晶パネルが46万ドット。肝心なもののコストをケチったな。
 アンチダスト機構がない。Kiss X50も同様だが。
 GN6とはいえ、ストロボ内蔵は良く頑張ったね。でも、アクセサリーシューは無し。
 動画画像はフルHDで60iだが、音声は調整できず、外部マイク端子も無し。
 本来のシャッター音に加えて、内蔵スピーカーによる下品な偽シャッター音。しかも、OFF出来ない。(猫の鳴き声とかOptioにもあったが、あれはいやならOFF出来た。)

なんだか、安物感いっぱいな感じ。だが、300円なので許容しよう(笑)
文句ばかり言ったが、もうひとつあった。

 Mモード露出のシャッター速度と絞りの操作の切り替えは・・・背面コントロールホイール下部を押すごとに変わる。だが、本体の表記は露出補正の±があるだけで、これを見ただけでは絶対にわからない(怒)
 写真を撮るための基本操作であるシャッターと絞りの切り替えが直感的にわからないマンマシンインターフェースって、カメラとしてありえない。(慣れれば無問題なのだろうけどね。)

 文句ばかり先行したが、星撮りのための機能はどうなんだ?

続きを読む "NEX-3Nのいじわるテスト"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

安原製作所

 以前からこの信号に止まる度、「一式」とつぶやいてしまうのは私のサガであった。

Yasuhara_sig

合点行く人は、行くだろう。そう、あのエポックメーキングな・・・

続きを読む "安原製作所"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再構築中

 ファインダーでしっかり覗いて撮るときのメイン、K-5には、とりあえずは守備範囲を広げてもらわなければならない(笑)

Dal300z

 ああ、新品購入でないことが型名だけでわかってしまうね。ごめんPENTAX、今回はとりあえずこうさせてもらいました。

続きを読む "再構築中"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月23日 (木)

いすみ鉄道キハ52(2)

1/13の101D急行1号の折り返し102D列車は大多喜まで、これまたDMH17H三昧だった(笑)

動画:EOS M+外部マイク
静止画:PENTAX K-5

上総中野-西畑間。

続きを読む "いすみ鉄道キハ52(2)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月15日 (水)

いすみ鉄道のキハ52に乗ってきた

 はるばる千葉に来たのは、こいつに乗っておきたいと思ったから。

 キハ52は高校時代、小海線で通学時に世話になった。あのエンジンDMH17Hが、まだ現役でいすみ鉄道に働いていることは、以前からマークしていた。

 だが、社長のブログには「採算を考えるとやめちゃうか。」みたいなことも書かれている。いつおわってもおかしくない。今が旬なのかもしれない。急遽、なんの計画も立てずに、宿だけ何とか手配して行って見る事にした。

続きを読む "いすみ鉄道のキハ52に乗ってきた"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014年1月14日 (火)

カノープス2014

 ある別の目的のついでなのですが、ところは九十九里浜、千葉県長生郡長生村の海岸に出てみた。
全般に空はかすんでいるし、上弦を過ぎた月が煌々と照っているし、眼視ではぱっと見には見えていないのでムリだなぁ、と思ったのですが・・・

続きを読む "カノープス2014"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

再構築

 Kマウントレンズはだいぶ整理してしまって標準ズームもない。
K-5に常用するレンズを何にするか、ずいぶん逡巡した。
「ペンタックスオリジナルな光学系」「静かなAF駆動」「描写への期待」から

Da1770butu_2

これを再登用してみた。

続きを読む "再構築"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月10日 (金)

たまにはPENTAXにお布施(!?)

 K-5にはどんなレンズを用意してあげようか、いろいろと逡巡していた。小型軽量というよりも、じっくり腰をすえて被写体と向かい合えるレンズが欲しい。と、そのとき、全く逆の発想のレンズがなぜか心の隙間を突いてきた(笑)

Q07lens

続きを読む "たまにはPENTAXにお布施(!?)"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

EOS Mと1年

 一言で言えば、小さいのに良く写る。星も撮れる。いつも持って歩いて、シャッターチャンスに備えたい。一眼レフではためらう普段の持ち歩きが出来る。この点では今まで出来なかったことができる、という戦力として新鮮味があった。 

 EOSの定義が快速・快適、ミラーレスとして最後発なので、キヤノンが出すからには期待値が高かったこともあり、AFの速さ、撮影後のブラックアウトなど、EOS Mに対する評論家の評判は芳しいものではなかった。

 確かに瞬間にピピッと来る、何世代か経験を積んだライバル社のミラーレスと比べると、ちょっとトロいかなぁ、とは思うこともあるものの、一部で言われているほど悪くはない。ライバルも至近距離だと合焦位置を行ったりきたりすることもあるし、EOS M2も出て、AF速度的な胸の閊えもおりた。(まあ、この辺はアバタもえくぼの類)

 個人的にはEOSというからには、リモート端子やEOS Utilityを使った制御が出来なきゃおかしいと思っていたが、マジックランタンの導入で個人的には解決を見てしまった。

続きを読む "EOS Mと1年"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年1月 6日 (月)

K-5のダークノイズは、実は光漏れだった!?

 再びK-5ユーザーになるに当たって、星屋としてはどうしてもダークノイズをチェックしないわけには行かなかった。店頭でISO1600、1min、もちろんレンズキャップは装着して、こんなだった。良くこんな状態ので購入に踏み切ったものだ(汗)

Dark1600_1mim_mise

K-5/DAL50-200mm(50mm)/ISO1600 1min 長秒時NR無し

続きを読む "K-5のダークノイズは、実は光漏れだった!?"

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2014年1月 3日 (金)

なんちゃって魚眼の再検証

 SIGMAのAPS-C用CIRCULAR FISHEYEは直径12.3mmの像を結ぶ。一方、PENTAX Q用の03FISHEYEは直径9mm程度の円になる。あまり大した違いがないような・・・。もちろん明るさは4倍違うし、面積比では径の2乗で効いてくるから、12.3^2/9^2=1.87倍の開きはある。もう一度撮ってみると

Hinomal_all

EOS M/smc PENTAX 1:5.6 3.2mm(03 FISH-EYE)/バルブタイマー540sec ISO400
RAW  DPPにて画像処理
POLARIEにて追尾
2014/1/2 23:10:26- この日、カノープスは見えない

続きを読む "なんちゃって魚眼の再検証"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »