« Canon、何してる? | トップページ | ”犬小屋”スピーカーの改造(改良?)計画1 »

2014年2月13日 (木)

今回のCanonの新製品

 待ちに待ったcanon新製品発表ですが・・・。
Kiss X70は、私のようなカメラオタクがどうこう言う製品ではない。既存のコンポーネンツを再利用して、コストを抑えることが主目的。
 イメージセンサークリーニング機構がないのと、相変わらず他のKissとは違うLP-E10・・・図体は大きめなのに容量は小さめ・・・を使っているのが解せない。充電もちょっと時間がかかるような気がする。
 少なくとも表向きには全く新規性はない。
でも、X50でも、使ってみれば実に実直で、LVの拡大でもきちんとピントが確認できるし、きちんときれいに撮れるし、その気になれば高度な画像処理にも耐えうる。
 ギミックやカタログスペックに踊らされたオタクには全く理解されないだろうけど、日本でも案外数が出ていたんだよなぁ。初心に立ち返って、のぼせた頭を冷やすにはいいかもしれない。そういう意味では、X50を手放したことを、ちょっとだけ後悔している。

 変わって、PowerShot G1X markII 。
こちらからは、カメラ屋・光学屋の意地が随所に感じられて、久々にワクワクする。
でかセンサーを維持しながら、前回は大型化するので無理といっていた、ズーム比と明るさ、ワイド端の広角化、接写能力をすべて向上したレンズには、惜しみない拍手を送りたい。その予算があったら、自分は違うものを買うであろうけど、こんなこだわりコンデジが一台あってもいいとふらりと妄想する。
キヤノン初の外付けEVFも、そのデキに注目したい。
来たるべきEOS M上級バージョン?もおぼろげに見えてくる気がする。
今後、Canonより続報があることを期待する。

画像はイメージです。本文とは関係ありません

Turara0213

EOS M/EF-M 18-55mm 1:3.5-5.6 IS STM (55mm開放)

|

« Canon、何してる? | トップページ | ”犬小屋”スピーカーの改造(改良?)計画1 »

コメント

お久しぶりです。

 ペンタックスメインにお戻りになられたのですね。

 僕も6Dに大三元に100Lmacroまでそろえて、ペンタックスのレンズを少し残してCANONメインに3ヶ月ぐらい撮っていたんですが、三脚ひっくり返して6D入院の際にK-30をつなぎにそしてK-3が思いの外よかったのでいまはK-3がメインになっています。

 フルサイズに大三元までそろえて移動にフーフーいってる時、写真はロケーションと構図がすべてでフットワークを妨げる機材は意味がないと思いました。

 自分は体力はかなりあるほうなのにその自分でも重いし、でかいし、高価だからレンズ交換も気を使うし、それでいてAPS-Cに比べて圧倒的な画質の良さは等倍でみても感じないし、カカクコムとかデジカメインフォの書き込みにみられるフルサイズに対する異常なこだわりって何なのかなと思いました。

 キャノンは後出しじゃんけんだと思いますよ、ミラーレス各社もがんばってますがそろそろ手品の種も尽きそうなので、あとは小型軽量と低価格しかアドバンテージもなさそうだし、体力のないところから脱落していくと思うのでそれまで高見の見物ではないでしょうか。


 

投稿: saruma | 2014年2月14日 (金) 08:31

PowerShot G1X markIIは力が入ってますね。デュアルコントロールリングはFUJIのXシリーズにも欲しい機能です。
相変わらず外部レリーズは付きませんが、今回の星空モードは充実していて期待が持てそう。

それにしてもX70、製品の位置づけは分かりますけど、なんでDIGIC4なの?って気がします。(^^;

投稿: ich | 2014年2月14日 (金) 08:42

>saruma様

 6DからK-3にシフトされたのですか。
私の場合は、EOS M用のEF-M 11-22mm 1:4-5.6 IS STMが出たことが契機でした。
EOS 5D MarkⅡにTokina AT-X 16-28mm F2.8と比べると、センサーで一段(以上)、開放F値でも一段の差があります。フルサイズは感度にして控えめに見ても一段は有利だと思います。将来技術が進歩しても、フルサイズにも適用すればやはりフルサイズのよさは変わらないと思います。しかし、良質のフル用レンズは高価で大きく、携帯には困難を伴います。
その点、ミラーレス構造の小型軽量は圧倒的です。軽ければ、POLARIEのようなポータブル赤道儀でも充分に用を成しますので、露出時間でカバーできます。山の上にも持ってゆけます。
というわけで、フルサイズとはしばしお別れです。
 私はPENTAXメインというほどではありませんが、身の丈にあったレフ機の中では、K-5はシャッター音やファインダーのよさといったフィーリングがいいし、星にも問題ありませんので、カムバックしました。

投稿: keypon13^2 | 2014年2月15日 (土) 22:17

>ich様

 とやかく言う機種じゃないのは重々承知ですが、Kiss X70には正直がっかりです。DIGIC4も在庫があるのでうまく消化した?とかじゃないでしょうか。一方でG1X Mark II のような機種の開発に熱くなれるCanonも、なんだか好きです。
象の目玉の周りの皺のようなレンズバリアも、なんか気持ち悪いですが、もはや根性でつけちゃいました。
 星的にはでかセンサーなのに60秒縛りのあるのが残念ですが、比較明なら使えそうですね。
作り手のこだわりが伝わってくる製品は、Canonに限らず(というかCanonでは久々なので尚更)誘惑されますね(笑)

投稿: keypon13^2 | 2014年2月15日 (土) 22:31

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今回のCanonの新製品:

« Canon、何してる? | トップページ | ”犬小屋”スピーカーの改造(改良?)計画1 »