« ”犬小屋”スピーカーの改造2 | トップページ | ”犬小屋”スピーカーの改造3 »

2014年2月25日 (火)

ヴィヴィオエンジンオイル漏れ II

2013/11/19イエローハットでエンジンオイルを交換したときだった。
エンジンオイルがまた最近どこからともなく漏れてきているのが明らかになった。
できることからやってみようと、ロッカーカバーのガスケットを替えてみることにした。
その結果、
馬鹿をやらかしてしまった。

まず、ボルトの締め付けには、適正トルクというものがある。
それは、素人が思っているより、けっこう軽い力でいいということ。

Bolt_crash

上、折損ボルト。中、新品ボルト。下、折損する寸前の、辛うじて取り外しに成功したボルト。

そして、ボルト抜き作業は、細心の注意が要る。

Bolt_nuki

そして、折れたボルトの中でボルト抜きが折れると、今度は自分の心も折れる(苦笑)
こうやって、逞しく育っていくんだ(笑)

|

« ”犬小屋”スピーカーの改造2 | トップページ | ”犬小屋”スピーカーの改造3 »

コメント

大変でしたね。
ボルト抜き、自分でやったことは有りませんが昔の職場で何度か見た覚えがあります。
適正トルクでの締め付け、基本ではあるのですが管理はなかなか面倒ですよね。
車のホイルナットもトルクレンチ使おうかと思いつつ、結局は付属工具で済ませています。(^^;

それにしてもみんカラの記事で30分以内は・・・本来は、ということでしょうか。(笑)

投稿: ich | 2014年2月26日 (水) 06:28

>ich様
 注意一秒、怪我一生。折れる少し前の時間に遡りたい。
 実は、記事でははしょってしまってありますが、延べ3日にわたって必死の救助を試みています(笑)

・ボルトを折ってしまったのが2013/12/1
しばし呆然時間を入れると3時間?はありました。

折れたボルト穴にゴムの詰め物をして応急的にオイル漏れを防ぎ、
・ボルトの救済を試みたのが 2013/12/3
ボルトのなかでボルト抜きが折れて、2時間ほどまだもがいたけど、事態は好転せず。

心が折れたまま年を越し、この応急オイル漏れ対策のまま千葉に旅行に行き、
新品ボルトを注文し、

・2014/2/24、折れたボルトの中で折れたボルト抜きを撤去しようと
4時間ほど硬い刃のドリルで揉んだが、1mmほどしか穴が深くならず、根本治癒は諦め、
ごまかし工作でやむを得ず復帰。

ガスケット交換作業だけなら「本来は」30分ということです。
実際には、年をまたいで10時間は費やしています(笑)

投稿: keypon13^2 | 2014年2月26日 (水) 21:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/59198158

この記事へのトラックバック一覧です: ヴィヴィオエンジンオイル漏れ II :

« ”犬小屋”スピーカーの改造2 | トップページ | ”犬小屋”スピーカーの改造3 »