« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »

2014年3月30日 (日)

フル用円周魚眼・・・SIGMA8mm 1:3.5

 昨年の、なんちゃって円周魚眼製作以来、何度となく円周魚眼にチャレンジしてきた(笑)
YASUHARA MADOKA180はある種の理想だが、APS-Cに7.3mmの焦点距離で円周魚眼・・・あれっ?と思うわけである。フル用と大して焦点距離が違わないじゃないかと。種明かしをすれば、投影が独特である。画面中央付近は大きめで、円周の周辺に向かうにつれて急激に圧縮される。承知で使えば、もちろん構わない。でも、ふと天球を見上げたときもう少しリラックスする投影のも欲しいf(+_+)☆\(-_-#)

Sigma8test


EOS 6D/SIGMA 8mm F3.5 EX DG FISHEYE F4/300sec ISO800 RAW
POLARIEにて追尾

 おお、火星がアークトウルスより明るくなっているではないか。そろそろ関心を持たねば・・・。

続きを読む "フル用円周魚眼・・・SIGMA8mm 1:3.5"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月29日 (土)

E7を6Dで

 動き物には5D3のほうがいいのは自明の理ではあるが、6Dでどのくらいいけるのかは、試しておきたい。
 測距点はKissと同じ?よく数えてみると2つ増えてはいる。だけど、測距点の広がりはKissよりも中央寄りで、作画の自由性は劣るかも。
 シャッターの最高速も秒間連写数もKiss並み、動体はしんどいかも、との事前予測が成り立つ。

 E7系新幹線、最寄の駅を発車して、そろそろ現場を通過する頃だが・・・?
遅れているのかな?と、高架の向こうに顔を見せたと思ったら、みるみる押し寄せてくる。
厳しいかなぁ。

E7by6d

EOS 6D/EF300mm 1:4L+1.4 II エクステンダー F8/ 1/2500sec  ISO640

続きを読む "E7を6Dで"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月27日 (木)

逝ってしまった

 もう人間失格。記録的な豪雪に汗をかいた先月、よく働いたと自分を慰める行為が必要であった。おい、冷静になれ。毎月もらえるわけじゃないぞ。ごめんなさい、先立つ不幸?をお許しください。

続きを読む "逝ってしまった"

| | コメント (2) | トラックバック (0)

MADOKA 180(C)?

  MADOKA 180は、現在のところソニーEマウント用のみが設定されている。
元来イタズラ好きの私は、無理を承知でEOS Mにつけてみたい=MADOKA(C)を作ってみたいと、常々思っていた。
ダメ元でやってみることにした。(万一やるときは自己責任でお願いします)

Madokac_1

続きを読む "MADOKA 180(C)?"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月23日 (日)

EOS 6Dを考察する

 何をいまさら・・・。登場してそれなりに時間も経過しているし、ライバル機はすでにマイナーチェンジしているし、フルサイズもいろいろな形態が出てきているし。でも、EF40 1:2.8 STMとか、すでに充電器がなく充電される機会もないスペアの充電池LP-E6とか、所在なげに保管箱においてあると、何かが疼く(笑)
 一応向学のために?比較表を作ってみた。

Spec_midhigh

続きを読む "EOS 6Dを考察する"

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2014年3月19日 (水)

30年かかった、似非金田式からの脱脚

 '81年の金田式通算No.51の30W A級アンプを手本に、入手トランスの関係で出力段の電源電圧を±30V (40W相当)にしたものを使ってきた。

Kaneta_no51kai_c

続きを読む "30年かかった、似非金田式からの脱脚"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月18日 (火)

”犬小屋”スピーカーの改造4

結局、開発コード「柴犬」の箱は、

・実効内容積:121ℓ
・ダクト:内径8.3cmのパイプ2本出し、断面積は108c㎡、ダクト長さ15.2cm
→ダクト共振周波数fd=33.5Hz

を現状ベストと決定し、ダクトの接着剤による固定、天板の算木による補強、機密性の向上を行った。

Box_shiba_ductfix

続きを読む "”犬小屋”スピーカーの改造4"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014年3月 1日 (土)

”犬小屋”スピーカーの改造3

 バスレフのダクト、前回の長さ15.2cmはなかなか良い感じ。これで決定しても良い気がする。
だが、一応、さらに長いLp=20cmダクトを作って、確認。

Duct200

ダクト共振周波数fdは、
Lp=    9cm→fd=39Hz  低音過多、ふやけて落ち着かない、空気デブ
Lp=15.2cm→fd=33.5Hz 現状ベスト
Lp=20cm→fd=30.6Hz  さていかに?

数値の上では、fdはわずか3Hzほど低音に寄ったに過ぎないが、どう変わるのか。

続きを読む "”犬小屋”スピーカーの改造3"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年4月 »