« ”犬小屋”スピーカーの改造4 | トップページ | EOS 6Dを考察する »

2014年3月19日 (水)

30年かかった、似非金田式からの脱脚

 '81年の金田式通算No.51の30W A級アンプを手本に、入手トランスの関係で出力段の電源電圧を±30V (40W相当)にしたものを使ってきた。

Kaneta_no51kai_c

 ドライバTrには、本来C1161/A653が指定されていたが、A653は当時でもすでに入手は困難を極めた。MJ誌の製作記事には代用Trとして、C2239/A969を活字として示していた。
雑誌の製作記事としてパブリックに表示のある石だから、大きな問題はないだろうと、藁をつかむ思いで東芝のC2239/A969にすがった。
しかし、金田氏当人は、この代用を好ましく思っていない。後の製作記事に「高音が詰まり、低域も躍動感に欠けウッドベースの音色の変化は再現できず・・・、 音像が一ヶ所に集まり前後感がなくなってしまう。」・・・もはや育ててきたDCアンプの音ではない旨の意見を述べているのだが、知らぬが仏?いや、知っていれば、もっと早くに手を打ったに違いない。
  そして、「他の石を使うくらいなら、(次善の策ではあるが)C960/A607を使って欲しい。これなら、DCアンプの音が出る。」とも言っているらしい。

 うんっ?その石なら家のどこかにあったような気がする。うん、あったぜぃー。
30数年ぶりに基板を外してみると、うへっ、ばっちい(苦笑)

Kaneta_no51kai_be

お掃除すると、

Kaneta_no51kai_be2

やっぱり古い東芝のロゴの入った代用の石だ。基板外下は、金田氏認可のC960/A607。
足がポロッと折れてしまわないように、細心の注意を払い、移植する。

Kaneta_no51kai_af

電圧増幅にはかかわらないドライバー段の石の変更・・・こんなんで、音が変わるのかななぁ??

 なお、AB級アンプについていた完全プッシュプルドライバーが、なぜかこの基板には生きていた。当時のAB級アンプの金田式では必須のパーツであるが、そんなに良いものならばA級にもつけておけば良いのに、氏もA級の回路にはつけていない。何らかの音質的影響があるに違いない、と考え、今回は外した。

 さて、本器の音:
優しい、みずみずしい、爽やかな音になった。
低音も、今まで聞こえていなかったうねりや揺らぎみたいなものもしっかり聞こえるようになった。
いままで、金田式は駆動力はあるが、肩を怒らせたような音・・・シャープネスを強くしすぎた写真のように中高音が荒っぽいのが特徴・・・と思っていたのは完全に誤解だった。

 この荒っぽさは、どこから来るのだろうと長い年月、悩んだ。
・出力段の安定化電源だろうか
→非安定を直接印加・・・暗く、引っ込み思案な音。金田式のメリットなし。
→OPアンプ709電源に退行・・・No51の超高速電源のほうがずっと良い。
・バイアス安定化用に使っていたダイオードHV23Gの撤去
→若干アイドル電流の安定性は低下するが、音は柔らかさを増した。でもまだ荒さは払拭できない。
・指定ではA566を使うべき電源の制御TrがA969であった。後に奇跡的にA566は雑誌の売ります買いますコーナーで入手できる。
→A566にすると、フルーティーでみずみずしく明るくなった。
・LUXKIT 501を対抗に作ってみた。
→まだ似非状態の金田式のほうがキック力、音の鮮度で勝っていた。
・入手可能で高周波特性に優れたTrで構成したまね田式アンプ
→女性コーラスやバイオリンの弦のきめ細かさ、優しさではまね田式が勝っていた。が、制御力では到底及ばない。


と30有余年が経った。
すべて金田氏指定のTrで構成できて、満足行く結果が得られ、漸く、ひとつの区切りが付いた。

この間、
学生→独身社会人→配偶者→子どもも生まれる→その子どもにオーディオ評論(ダメだし)をされる→改良のテンポは確実に上がってきた(笑)

 

|

« ”犬小屋”スピーカーの改造4 | トップページ | EOS 6Dを考察する »

コメント

埃だらけの基板は可哀想でしたね。私は金田式をなんとか作ったものの、小泉スピーカーが壊れるのを恐れるあまり
あまりつないでいません。今はbakoon ampの生々しさに惹かれて部品あつめに奔走です。若い頃に名古屋のミズホオーディオで井上スピーカーを耳にして、仰天しました。6半のspが地を揺るがす音を立てていました。でも、今はオーディオ業界からのけものにされて、井上氏もひっそりととなさっているようです。都合の悪いことは村八分というのは証券業界だけではなさそうです。KEFスピーカーの元祖に当たる方は井上理論から学ばれているそうですね。道理でsp単体で剛性の強い素材を使っています。

投稿: woolfy | 2019年5月 8日 (水) 17:54

>woolfy様

大変長い間放置してしまいすみませんm(_ _)m

金田アンプにもそれなりの音の”説得力”を感じて、信じてまいりました。
いまだに現役で鳴ります。
が、去年の今頃から、私は真空管アンプ(3W+3Wのミニワッター)とシングルコーンスピーカーに走ってしまい、
この金田式にはほとんど通電なしです。
何というか、もう耳そのものがバンドパスフィルター(笑)になってしまい、そのほうが心地よいからです。
昔の自分には信じられない展開ですが、オーディオはやはり面白いと再認識しています。

投稿: keypon13^2 | 2019年5月28日 (火) 19:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 30年かかった、似非金田式からの脱脚:

« ”犬小屋”スピーカーの改造4 | トップページ | EOS 6Dを考察する »