« APS-Cとフルサイズ | トップページ | スマホを使わない人のためのスマホ?! »

2014年7月18日 (金)

7D2の妄想

 各所にEOS 7D後継機のうわさが見られるようになった。

 自分としては、
・より低照度での作画意欲を喚起するため(おいおい、明確な目的なしにそんな不純な動機かい)のフルサイズEOS 6D系統の構築と、
・APS-Cサイズではより可搬性を重視したEOS Mの系統

の2つに気持ちが収斂してきた。

だから、マシンガンのようなEOS 7Dの系統はどちらかというと、興味の対象外、上の空の感じがある。しかし、だからこそ自由に妄想を述べたい。
また、そのメーカーのフラッグシップに込める意気込みというのは、やはり興味がある。

いままでの公になったアナウンスを繋ぎ合わせると

・ミラーレスも一眼レフも、進化の一番大きなきっかけを作るのはセンサーの進化だと思います。センサーの性能が向上したり、新しい機能が加わることで、カメラとしての性能、機能が向上しますし、消費電力低下やその結果としてのダウンサイジングが進むでしょう
・CMOSにはあらかじめの“仕込み”を入れておくことはできます。フィルムが進化すると、カメラも大きく進化しました。それと同じようにセンサーが変わればカメラも変わります。

EOS7D後継については、
・ある種の革新技術を入れた製品になります。ちょっとスペックアップした製品を後継として出すというのではなく、新たな領域に向けての進化を遂げたものになります。

 これはEOS 70Dが出る前のお話なので
・ひとつはDPAFとして、すでに具体化している。
・消費電力低下に言及があるが、つまり→発熱低下→動画対応・・・のための布石ではなかろうか。

 やはり、新たな領域とは・・・ひとつは動画AF機能とか(ひょっとしたら4Kとか)動画機能の更なる強化なのではないだろうか。

 銀塩からの私のような(思想的)ジジイにとっては、動画は興味の対象外とか、もっと静止画のクオリティを上げる方向に、と期待している人には残念な方向かもしれないが、静止画と動画は否が応でも融合していくんじゃないか。

新たな領域とは何か、もうちょい楽しみに待つとするか。

(読み返したらここまでも、ここからもツマンネ。以下削除。)

|

« APS-Cとフルサイズ | トップページ | スマホを使わない人のためのスマホ?! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/60003110

この記事へのトラックバック一覧です: 7D2の妄想:

« APS-Cとフルサイズ | トップページ | スマホを使わない人のためのスマホ?! »