« EOS 6Dの標準ズームを考える(4) | トップページ | 7D2の妄想 »

2014年7月16日 (水)

APS-Cとフルサイズ

今度のEOS 6Dに選んだ標準ズームは、

Ef24_105l_6d


たまたまK-5のときに選んだDA 17-70 F4AL[IF] SDMの守備範囲に近い。

Da1770butu_2

 ちなみに、PENTAXの現行標準ズームレンズラインナップで、自分的には、このレンズしか描写、AF駆動の面で好きになれないから、他のレンズで比較すればそこは違うんじゃない?というのは当然出てくるが、そのへんは無しで。

 重量そのほかを比べてみた。

Spec_6d_k5

 いずれにしても、両者とも、持ち出すには「よっこらせ!」と気合は必要だ。そんななかで、ちょうど200g違う。この200gをどう捕らえるか。防塵防滴を得て、広角側も一回り広く写り、明快で大きなファインダー像を伴えば、もはや200gは帳消ししてもいい。
然るに、画面の面積は2.3倍違う。相対的には、私の感想では、こんな重いAPS-Cなんて・・・、という意識にもなる。
 
 
 

 しかし、6DはEF24-105mmを得て漸く高速AFの気持ちよさ、手持ちで唯一ISを装備したフル用レンズと相成った。走っている電車のような動体に対するAFは、さすが定評通りのものを感じる。純正レンズは高いけど、実際に付き合ってわかる付加価値である。正直、DA 17-70 F4AL[IF] SDMはAFの速いレンズではない。

 とはいってもK-5はストロボ内蔵であるし、連写速度やファインダー視野率で比肩するには、5D3のお出ましを願わなくてはならない。また、最新どうしならK-3で比較すべきかもしれない。つまりこの表は、アンフェアな、独善に満ちた比較であることはいうまでもない。

 フルサイズ+描写にこだわったレンズは、重量といい立ち位置といい、銀塩時代でいえば中判カメラにも匹敵するかも。6×7も生かしきれていたわけではないのに、豚に真珠になりゃしないか。
 でもEOS 6Dのいいところは、(40mmの画角を考えると)APS-C機よりむしろ手軽にEF40 1:2.8 STMみたいなパンケーキをつけてカジュアルに楽しんだり、50mmレンズ本来の標準レンズの描写を体験できることもある。

 あとは、やはりこれで何を撮り、どう表現するかだ。結果的に観音様にお布施しただけ(笑)になるかもしれないが、趣味だから、これものらりくらりと答えを出すことにする。

|

« EOS 6Dの標準ズームを考える(4) | トップページ | 7D2の妄想 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/59994130

この記事へのトラックバック一覧です: APS-Cとフルサイズ:

« EOS 6Dの標準ズームを考える(4) | トップページ | 7D2の妄想 »