« 意外と遊べるDPP4.0 | トップページ | EOS 6Dの標準ズームを考える(1) »

2014年7月 6日 (日)

茂来山(4)

6/14登山記。(VIVIOの購入4周年の日に登った。)
なぜ今ごろアップというと・・・。

 このところ、洗濯物が乾かない。乾燥だけ、近くのコインランドリーに。
すると、カチン、カチンと乾燥機の回転にあわせて何かの音がする。なんぞや、と覗いてみると、なんとTranscendのSDカード。洗濯の水攻めの後、焦熱地獄。もう、データはだめだろうなぁ、とおそるおそるカメラに挿して再生すると・・・なんと茂来山登山のときのやつ。そういや、このときのSDカード見失ってた。奇跡的にデータ無事だった(笑)。

 おいらもいいかげん、この山好きなんだな。これで4回目(笑)
その間、カメラもめまぐるしく変わったorz

一回目          2007年10月 OptioW30
二回目               2007年10月 K10D
三回目                    2010年10月 Optio W60
そして今回                EOS Mと標準ズーム+超広角ズーム

Morai14_13

左寄りのピラミダルな山容。

今回は、緑の季節。もう、緑一色。
道中は知っているので、ゆっくりと途中の景色を味わいながら行くことにする。
脳内音楽はなぜだかABBAのDancing Queen。
川を渡る。

Morai14_0

スローシャッター1/2secで流してみた。木にカメラ側面を押し付けて撮影したところ、ブレは止められた。

Morai14_1

こぶ太郎もじっくり立ち寄りました。

Morai14_14

枝ぶり、

Morai14_3

根の踏ん張り

Morai14_10

EF-M 11-22mmでも、入りきらない。

もう少し登ったところの「大きなトチノキ」でも小休止。
個人的には、根元の形状がジャイアント馬場を想起させる。

Morai14_4

 ここまでは歩きやすい登山道だが、この先は倒木が多く、また、先日までの雨で足元が滑りやすい。
この手の里山はガイドブックでは体力度マーク1つなのだが、高い山より気温も高いし、夏はそれなりにきつい。
が、体力度マークが2つや3つの山より、継続時間が短くてすむことはやはり楽であると、この翌日黒姫山に登ってみてしみじみ思うのである。

2時間くらい登ったか、稜線に出る。相変わらず緑に包まれたまま。

Morai14_5

頂上直前になって、視界が開ける。

Morai14_7

夏の茂来山もまたいい。

Morai14_6

恒例のマヌケ姿。

Morai14_11

|

« 意外と遊べるDPP4.0 | トップページ | EOS 6Dの標準ズームを考える(1) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/59940171

この記事へのトラックバック一覧です: 茂来山(4):

« 意外と遊べるDPP4.0 | トップページ | EOS 6Dの標準ズームを考える(1) »