« 夏の記憶 | トップページ | 久々の星空 »

2014年8月 7日 (木)

C/2014E2 ジャック彗星

 8/7未明、久々に夜晴れた気がする。
いろいろ、公私にわたりへろへろであったが、ジャック彗星を確認しておきたい。
EM-200を持ち出す元気は残っていなかったので、SPACEBOYで追撃。
本当に久方ぶりに仰いだ星空は、すっかり秋の装いだった。
彗星もともかく、星空そのものを肉眼で楽しんだ。

Fe140807

NEX 3N/YASUHARA MADOKA180 4/7.3(F4開放)/223sec ISO800 RAW
2014/8/7 2:54- SPACEBOYで追尾

↓共通:EOS 6D/EF 24-105mm F4L IS USM (F4開放) /30sec ISO3200 SPACEBOYで追尾

24mm

Ginga140807

50mm

C_2014e2_80750

105mm

C_2014e2_807105

 EF 24-105mm F4L IS USM は広角端開放でもコマ収差がほとんど感じられないことがうれしい。単焦点以上といっても良い。周辺減光は目立つが、補正してしまえば気にならない。

105mmの画像で緑色に輝いているのが、ジャック彗星。
きょしゃ座のカペラからたどれば、画面内への導入割りと容易。
しかし、雲が肝心な方向に時々飛来し、稲妻も閃光する。

 SPACEBOYだし、オートガイドも持ってこなかったから、高感度短時間露出でコンポジットしガイドエラーからの歩留まりを上げる方向で。

 PENTAX  75SDHF望遠鏡亡き後?、代用品としてEF300mm 1:4L+エクステンダー1.4 II
420mmF5.6を投入してみた。望遠鏡の収差論的には、強く屈折させた明るいマスターレンズの収差をバローレンズで引き伸ばす、昔の頭で考えるとナニイッテンダー的なものと思う。が、全ては撮影してみての結果のお楽しみ。

Img_0618_4cenf2

EOS 6D/EF300mm 1:4L+エクステンダー1.4 II /89sec ISO3200 RAW
2014/8/7 2:17-  SI7にて4コマ加算平均 ダーク減算処理

 おっ、尾があるようだ。
こんなF5.6のレンズに1分半の露出で追尾エラーも目立たず、猛暑下でも、ノイズもノートリミングの画像では目立たずここまで写るようになったとは、感激である。

 エクステンダー・・・ごく隅部に減光と星像の崩れがあるが、画面大部分で意外と星像は整っている。
これは、フル用の天体光学系としても使える。同上トリミング。

Img_0618_4centr


 トリミングしてみると、さすがにEOS 6DでもISO3200で4コマしかコンポジットしてないんじゃ、ちょいとノイジーだな。ノイズ塗りつぶしはして無いから、画像処理で改善もできるかもしれないが。

やっぱり趣味なら本気で・・・
一期一会の対象に敬意を表して、暗い空まで遠征して、赤道儀も重くていやだなどといわずにEM-200でオートガイド、感度を落としてじっくり露出をかけたい。

が、今後月齢が増してくるので微妙ですね(--;)

|

« 夏の記憶 | トップページ | 久々の星空 »

コメント

この日はネコにたたき起こされ、自分も8月初のジャック彗星観察しました。
星見台ルーフを開けるだけで、即観察できるのは助かります。(とはいえ、曇天でしばらく待機しました)

オートガイドの準備もしたのですが雲のためキャリ時間もったいなく、fl=1200mm,60秒ノータッチで臨みました。
昨夏、DeepSkyStackerを知ってから、ISO高感度、短時間露光(ただし階調向上のためコマ数はできるだけ稼ぐ)
による撮り逃げ?が常習化しつつあります。そのため、SI7からご無沙汰になっています。

この晩は、44コマ(44分)を確保できました。fl=1200mmを中古EM200放置追尾ですが、何とかセーフでした。
EOSは高感度ノイズにも優れていますから、高感度、短時間露光×多数枚で「総露光量を稼ぐ」は、お勧めです。

例年ですと梅雨明け後は、暑いのはともかく好天続くのですが、今年はさっぱり駄目ですね。

投稿: 龍吉 | 2014年8月 8日 (金) 10:57

>龍吉様

 我が家にもそんな気の利いたネコがいて欲しいです(笑)
 全く星見のできない日々が続いておりましたが、この日漸くなんとか晴れました。
自宅では空の暗さは全く期待できないので、近場のいつもの場所(小諸市塩野)に行きました。
数日前熊の目撃情報が寄せられていたので、気が重いのです。こんなときはなお一層、自宅での観測羨ましいです。
しかし、この日はモチベーションが上回りました。

 DeepSkyStacker、貴ブログでなんとなく気になっていたのですが、ググって見ました。
CanonのRAWファイル、CR2ファイルも受け付ける感じなので、ちょっと研究してみたいです。
短時間高感度多枚数で良い結果が得られれば、機動性もあがりますね。

 それにしても、本当に今シーズンは晴れの夜が少ないです(--;)

投稿: keypon13^2 | 2014年8月 8日 (金) 22:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/60111849

この記事へのトラックバック一覧です: C/2014E2 ジャック彗星:

« 夏の記憶 | トップページ | 久々の星空 »