« 妙高山(2) | トップページ | 7D2に触れてきた »

2014年9月27日 (土)

浅間山(前掛山)2

 9/19登山記。
 10年前の2004年9月、浅間山は中規模の噴火をしている。同前掛山には2008年5月に登っている。その後3ヶ月ほど経った2008年8月と2009/2/2に小規模な噴火をしている。このときは職場のFAXに「噴火の恐れがある」と臨時火山情報があがり、それから半日も経たずに小規模ながら噴火した。小規模ながらというが、動画を見ると、今回の登山範囲にも噴石が飛んでいるようだった。
最後の噴火から5年経ち、現在の火山活動は一応平穏といってよい。前回と季節も異なることだし、2度目の登山を試みた。8:52

Asam1

 実は昨日9/26にこの記事のための画像をリサイズ等で準備し、アップするだけのつもりでいたが、今日9/27、御嶽山が噴火し、被害者が出るという事態になった。被災された方々の早期のご快癒をお祈りします。

 さて、9/27になってこんな事態になるとは予想もしなかったこの日、天気はよく、しかし時間の都合であまり遠征はできず浅間山を選んだ。

 硫黄の臭気のする、火山館手前の谷。小規模ながら、アメリカのイエローストーン国立公園のようだ。(行ったことは無いけれど)

Asa2

生きた火山の雰囲気がある。

Asam3

火山館10:21を過ぎて、いよいよ前掛山外周に取り付く 11:02
こんな噴石を食らったら、ひとたまりもないなと感じながら。

Asam4

超広角で。

Asam5

11:17、中腹から群馬県側を。田代湖が見える。

Asam6

避難小屋には11:40に達し、前掛山内壁の蒸気を見ながら昼飯。

Asam10

そして、外輪山である前掛山を目指す。

Asam8

↑本来の浅間山の山頂部分、釜山。
どうしても、こちらに登ってみたい衝動に駆られる。せめて平穏な時期には・・・と思っていた。しかし、本日の御嶽山の予知できない噴火を目の当たりにすると、それは言ってはいけないたわごととなってしまった。

 浅間山では、観測データが継続的に取られ、データの蓄積も多いことからある程度噴火の予知ができることがある。しかし1983年の噴火のように、前兆現象がなく予知できなかったこともあるようで、釜山の立ち入り禁止区域(火口500m以内)・・・このような入山規制は人命を考えれば当然のことと納得せざるを得ない。

Asam11

 前回は雪が残っていて気づかなかったが、こんな火山活動のあるところでも植物があるということには驚いた。
 左、剣ヶ峰、右最高点付近が黒斑山。
Asam12

前掛山から、我が郷里、佐久平を見下ろす。遠くに蓼科山と富士山も見える。

Asam15

 帰りはハンググライダーかなにかで一気に降りたい気分だが、まあ、そうも行かずに、地道に2時間20分ぐらいで降りた。浅間山荘の天狗温泉は800円とお値段はやや張るが、鉄分で赤くにごった特有の温泉で疲れを癒した。

|

« 妙高山(2) | トップページ | 7D2に触れてきた »

コメント

報道によると、前日から地震の増加などは有ったようですが、噴火予測は本当に難しいですね。
御地から距離は有るとはいえ、少し心配しておりました。

昨日も200人以上の登山者が居られたようで、状況を考えれば最悪の状況だけは避けられたのかもしれません。
とはいえ、噴出物で骨折などを負われた方もいらっしゃるようですし、活火山への登山には保護帽などの着用も考慮が要るかもしれませんね。

投稿: ich | 2014年9月28日 (日) 06:25

御嶽山の噴火は、状況が分かって来るに従って、人的な被害の大きさが明確になって来ました。軽々にコメントはできませんね。
被災された方々には改めてお見舞い申し上げます。

投稿: ich | 2014年9月28日 (日) 17:51

>ich様

 状況がわかってくるにつれて、深刻な事態がうきぼりになってきました。奇しくも35年前の御嶽山の噴火は、それ以前の噴火が有史の記録に無く、一説では一万年ぶりとかいうのもので、それまでの死火山、休火山という区分をなくしたきっかけとなる”事件”でした。
 地震にしてもそうですが、何時何分に発生とまでの予知は、今の技術ではできないと思います。いかに観光という切り口で火山と付き合うか、はまた難しい。火山には全て近寄るな、とすればこの種の犠牲は出ないでしょう。しかし、火山ならではの観光、人の心を打つ山容などあるでしょう。それを全部否定されるのもつらい。
 今回も、わずかながら予兆はあったということです。それを元に、念のため警戒レベルを上げたとして、そしてそれが結果的に何度も外れても、オオカミ少年にならず「その都度登山者がちゃんとそれを守るか」も大事なことでしょう。
 いろいろ考えさせられることの多い事象です。

投稿: keypon13^2 | 2014年9月29日 (月) 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/60385543

この記事へのトラックバック一覧です: 浅間山(前掛山)2:

« 妙高山(2) | トップページ | 7D2に触れてきた »