« ブルーバンド | トップページ | フォルクスワーゲンが来た »

2014年10月18日 (土)

星空列車(平原)

 夜中に平原で長時間停車する189系電車・・・そうそう見れる光景ではないだろう。

Startr

EOS 6D/EF 24-105mm F4L IS USM (24mm)F4.5/30sec ISO400
2014/10/18  0:05-  18コマSI6にて比較明合成

高峰高原☆ほしフェス☆での「小諸スタートレイル」特別列車に乗ってきました。

星空列車(車内での解説付き)
平原駅で天体望遠鏡6台を使用したスターウォッチング

Hoshifes

 セレストロンのシュミカセで天王星を覗かせてもらいました。月食のときFC60で見たときは、「これかなぁ」という程度だったけれど、さすがは大口径のシュミカセ、円盤状に色もグリーンぽく見えていました。
 PENTAX 75SDHFではM42、フジノンの双眼鏡では二重星団を見、なまの光の感動を久しぶりに味わった。その他タカハシの太めの屈折鏡が複数あって全部見たかったが、かなり盛況で、行列が長く断念した。ガーネット星は自分で見ることにしよう。

 改めて、なまの光を味わう、ということを意外と忘れているのではないかと思った。

|

« ブルーバンド | トップページ | フォルクスワーゲンが来た »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/60499514

この記事へのトラックバック一覧です: 星空列車(平原):

« ブルーバンド | トップページ | フォルクスワーゲンが来た »