« カーオーディオ用のスピーカーを箱に入れたら(3) | トップページ | 自作性癖の原風景 »

2015年5月14日 (木)

カーオーディオ用のスピーカーを箱に入れたら(4)

 タイトルはスピーカーのことですが、納得いく音が出ず「座礁」していた。
明るくて歯切れはいいが、高域が賑やか(賑やか過ぎ)で、ハイハイソウデスカ、ワカリマシタ、となってしまう。たとえばシンバルの余韻が乾いたというか、潤いに欠ける音。視覚に言い換えると目の細かいすりガラスで眺めたようなしらけた感じが気になる。

 ひょっとしてまね田式のアンプに問題があるのかも。カーオーディオ用のスピーカーは、公称インピーダンスが大抵4Ωな点だとか、マッチしていないかもしれない。

 じゃあ、カーステレオのアナログアンプ部で実験してみればよい。

Car_amp

VIVIOに最初ついていて、CD部が不具合なのでトリオろしたKENWOOD製デッキアンプ。このアンプを利用してみる。

トーンコントロールより前に信号注入→明らかに帯域は狭く、情報はだいぶ抜け落ちて、低音は締りがなくだぶだぶだが、ラジカセのように甘酸っぱい?懐かしい音。ある意味、目指していた音に近いかも。

パワーIC部(東芝TA8215H)に直接注入→情報の欠落は少なくなり、低音のしまりも出るが、シンバルの余韻などまね田式に近くなり、懐かしさは消える。

バッテリーまね田式→ギターの胴鳴りなど、表現はカーアンプより断然よい。しかし、やはり高域情報過多?はある。

 このまね田式、過去に、周波数特性は測定済みである。100kHz以上までフラットであることを確認している。可聴帯域にピークなど生じてはいない。にもかかわらず、聴感上は高域が勝っているのは不思議である。だが、オーディオにはこのような謎はしょっちゅうあることだ。

 電圧増幅段の石はただ頭だけで考えて、高周波特性のいい2SA684(Cob=30pFmax、FT=200MHz)をセレクトしたが、一つの可能性として、フィードバックアンプの構成要因としてはこれがたたって発振にまでは至らないものの、過渡応答では寄生振動を伴って音を苛立たせているのかもしれない。

Dcamp18v
オシロと発振器くらいあれば、確認も楽なのだが・・・。
 チームワークの中では、ある一面優秀だが自己顕示欲の強い人間がいるとそのチームの仕事が優れるとは限らない。そのようなものか。

 そこで、数値的には高周波特性はA684には劣るが、金田式パワーアンプに必須な銘石A607(Cob=50pFmax、FT=100MHz)を起用してみることにした。

before
Before_kai

after
After_kai

 互換性を示し合わせたかのように調整はうまく行ったが、問題は音・・・。

 みずみずしさにあふれる高音。余韻の静けさ。女性ボーカルの優しさもいい。それでいてパルシヴな音は容赦なく飛び掛ってくる。
どの曲を聴いてもいい印象しか湧かない!

 高周波特性は劣る石に交換したにもかかわらず、出てくる音は断然いい。浸れる。
 それ単独では高性能でも、システムとして組む場合にそれが最適の選択とはいえない。このくらいのフィードバック回路の周波数特性や位相特性はシミュレーションできる人もザラにいるらしい。そんな人に私もなりたい。だとしても、いろいろな非線形要素もあるので、結局は部品をとっかえひっかえ、実際の耳で確認することになる。

が、所詮、すべて自己満足の世界。
大きな設備もいらないし、採算の心配も無用。PL法を心配して安全回路を止む無く入れることもしなくていい。
オーディオは、アナログは、だから面白い。

アンプの改良という遠回りをしたが、スピーカー完成に向けての意欲も復活した。

|

« カーオーディオ用のスピーカーを箱に入れたら(3) | トップページ | 自作性癖の原風景 »

コメント

今回の記事を読んでいて、最近はオシロスコープが安く買えるのを思い出しました。
メモリー付きでPCにデータを書き出せるようなものが、入門用のデジ一と同じくらいで入手できるんですよね。
個人的にはロジックスコープ的な使い方しか用途がありませんが、オーディオ(アナログ)回路をいじるにはいいかもしれません。

投稿: ich | 2015年5月15日 (金) 06:12

>ich様

 一時期は、低周波発振器とオシロスコープ、ミリボル(簡易なもの)を持っていたのですが、所帯を持つころからは使用頻度は0に近く、引越しの都度じゃまなので、いつしか処分してしまいました。
 心の健康を保つためには細々と趣味の「夢」を持ち続けることは良いことなので、遊んでいきたいと思います。
オシロスコープ・・・いまは便利な製品がリーズナブルな価格で出ているのですね。
まあ、今回は猫の去勢手術費用に消えそうですが(笑)

投稿: keypon13^2 | 2015年5月16日 (土) 17:57

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: カーオーディオ用のスピーカーを箱に入れたら(4):

« カーオーディオ用のスピーカーを箱に入れたら(3) | トップページ | 自作性癖の原風景 »