« EF-M 55-200mm | トップページ | MT-636キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! »

2015年6月22日 (月)

久々のペンタレンズお布施

 PENTAXにもこんなレンズが欲しい、と常々思っていた。普及クラスのレンズ内モーターのレンズ。

Hdda18_50dc1

HD PENTAX-DA 18-50mm F4-5.6 DC WR REとまあ、長い名前。

  AF駆動はDCモーターと言うことだが、静粛性は及第点が与えられる。C社のDCモーターよりもずっと静かで、ギヤタイプのSTMより、ことによると静かで、リードスクリュータイプのSTMよりは音がする、と言うところ。ボディ駆動に比べたら雲泥の差である。

 沈胴で携帯時はコンパクトで、オマケにWRである。実にPENTAXらしいレンズではないか。(もっと早くにリリースしてくれていたら、浮気せずにすんだかもしれない。)またそのフォルムがなかなかかっこいい。往年のME、MXに50mm 1:1.7レンズをつけたような佇まいがシブい。

 マウントはプラだが、それでいいと思う。

|

« EF-M 55-200mm | トップページ | MT-636キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! »

コメント

K-S2と同時に発表されたレンズですね。私もCP+で見ました。
QSFシステムも従来のギアではなく、内蔵モーターをうまく利用して合理化していたり、いろいろ試みがあるようです。
沈胴タイプのというのは面白いと思うのですが、どちらかというとミラーレスのボディの方が似合いそうですね。
GRもAPS-Cになったことですし、Kマウント付きのGXR後継機とか・・・ないかなw。

投稿: ich | 2015年6月25日 (木) 06:02

>ich様

 沈胴状態のこのレンズ+K-5はEOS M3標準ズーム+EVFと奥行は互角、高さはむしろ低いです。通勤カバンのなかに潜ませたりするときはすごく便利です。
 単焦点も目的を決めて持ち歩く場合には魅力的ですが、「いつ浅間山が噴火するかもしれない。」といった未知の大きさの被写体にそなえた機動対応ではズームがやはり便利です。それがコンパクトで軽く防滴、レンズ内モーターで快適になったのだから、K-5を持ち歩く機会も増えると思います。
 K100D以前の電源接点のないカメラにはAFはおろかMFもできないなど、互換性を重んじてきたPENTAXとしては勇気ある決断だと思いますが、もう9年もたったのだから”時効”でいいと思います。

 ニュー?GXRのKマウントユニット・・・たしかにあったら面白いですね。APS-Cサイズとフルサイズで。
DSLRよりさきにフルだしちゃまずいか(笑)

投稿: keypon13^2 | 2015年6月25日 (木) 12:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/61781465

この記事へのトラックバック一覧です: 久々のペンタレンズお布施:

« EF-M 55-200mm | トップページ | MT-636キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! »