« Optio WP | トップページ | X-M1とM3 »

2015年10月 4日 (日)

富士という選択

 富士。富士重工製品ならまあ前からうちにある。
なぜ?どうしていままで考えたこともないFUJIFILMのカメラが?

Xm1_1

PENTAX用のDA Limitedでも中古で探そうか、とふらふらっと中古コーナーを。
EOS 6Dの失地回復の気持ちも少しはあった。

FUJI X-M1か。。。

Xm1_2


YASUHARA MADOKAがつく。
レリーズ端子がつく。
電池が割とでかい。
X-Trans CMOS いいんか悪いんか知らないけど、画質は評判よさそう。興味はある。
おいしい単焦点レンズ群。
そして、うん、予算が射程範囲内。「はい、下さい。」f(+_+)☆\(-_-#)

Fuji_spec

星的には、発売から時間がたっているのに、(というかもう製造終了)ステライメージ非対応だけが痛い。
専用のRAW現像ソフトがどこまで賢いかにかかる。
それならソニーなのだが、どうしても愛せなかった。
こいつは愛せる。どんどん富士が精神にしみこんできた。やばい。
不治の病だ(笑)

|

« Optio WP | トップページ | X-M1とM3 »

コメント

意外(?)な選択でしたが、入手おめでとうございます。
このカメラ、私も一時購入を考えたのですが、さらにマウントを増やすのに躊躇したこともあって、思い止まりました。
レンズには魅力的なのが多いのですが、比較的値段が高めなのですよね。(^^;
RAWデータの仕様ですが、12bitカラーのようです。情報源はこちら。
http://www.popphoto.com/gear/2013/10/camera-test-fujifilm-x-m1-camera

投稿: ich | 2015年10月24日 (土) 06:51

>ich様

 情報ありがとうございます。12bitですね。
最近は、強い処理で深宇宙を狙う、なんてことからは遠ざかっています(苦笑)ので12bitだからといっても不足を感じることもありません。
X-Trans配列のせいか、いつまでたってもステライメージが対応する気配もありませんし。
(その割には、ベイヤー配列のX-A1,2も非対応なのは、少数すぎるせいなのでしょうか)

 まあしかし、最大の利点はやはりその発色だと思います。
FUJI一社にまとめてもいいくらいですが、ステライメージの件もあり適材適所ということで、ミラーレスが増殖中ですf(+_+)☆\(-_-#)
ミラーレスは気軽にPOLARIEに載るのがいいです。
現役レフ機はKissX7だけになってしまいました。

 おいしいレンズが高いんですよね。F1.4級はいらないのでF2クラスで出していただけるといいのですが、C社ミラーレスに比べたら気張ってラインアップしている点では、意気を感じます。

 

投稿: keypon13^2 | 2015年10月25日 (日) 07:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/62406478

この記事へのトラックバック一覧です: 富士という選択:

« Optio WP | トップページ | X-M1とM3 »