« 富士という選択 | トップページ | EOS M10 »

2015年10月 5日 (月)

X-M1とM3

EOS M3のほうが後発なのだが、配置やデザインは結構似てる。

M1m3_1

 質感は、プラスチッキーなX-M1より、金属を感じるEOS M3のほうが上。モノとしての愛着はこういうところも大事。

背面。

M1m3_3

X-M1の液晶は反射防止対策がないので、正直、昼間は見づらい。

レンズを外した正面。

M1m3_2

 いつものことだが、キヤノンのAPS-Cは一回り小ぶり。このせいでYASUHARA MADOKAは改造することになってしまった。(→改造することで、片ボケがちょっと目立つようになってしまった。これは、もちろん、YASUHARA MADOKAのせいではない。)

 一方、XマウントはEF-Mマウントより一回り小さく、フルサイズセンサーは入るまい。
いずれにしても、フルサイズ用には、もう少し径の大きなマウントのほうが拡張性がある。

 可動液晶の様子。

M1m3_4

M3は自撮りができるが、X-M1は中途半端なところまでしか上がらない。
M3なら、タッチパネルAFとも相まって、こんな写真もお手の物だが、X-M1には無理。

Catsm3

そのほか、X-M1の短所を上げると、
・コントラストAFだけなので、合焦間際のウォブリングがやや気になる。その代り割といつも安定している。暗くなると遅くなる。
 EOS M3は条件のいい時はズバッ、ズバッと決まるが、暗いときは出だしで大きく迷う時がある。
・連写時もAFは一コマ目に固定。遅いながらもSERVOの効くEOS M3との違いは猫撮りには大きい。
・動画AFではEOS M3の合焦への着地点のスムーズさが光る。
・動画の音の調節はできない。
・星のピント合わせ・・・MFの拡大時、星が見えにくい。拡大率があまりないせいか、最良ピントが分かりにくい。

などなど、一般撮影では、引き続きEOS M3の活躍が多いであろう。星でも、使い勝手ではEOS M3が勝る。

高感度画質(・・・ISO6400で一般撮影、NR等JPEGデフォルト)で比べると、
・X-M1のほうがノイズが滑らかで、色も快活で、この感度ではエッジの解像感も24MのM3より16MのX-M1のほうがあるような気はする。
・ただし、壁の凹凸感とか金属の光沢感はEOS M3のほうが優れている部分もあり、一方的な優劣はつけがたい。

ではなぜX-M1を導入したか。
・位相差画素・・・撮像にとってはいわば欠陥画素が最初から無い。
AF性能を向上しないと売れないので、本音を言えないメーカーは大変とは思う。
(救世主と思われたキヤノンDPAFも、まだブルペン投手の感あり)
・Hαの発色を含めた、星景での発色に期待ができそう。

Madokaf_ex2

FUJI X-M1/YASUHARA MADOKA(F) 開放F4/ 2'30" ISO1600 RAW
POLARIEにて追尾
付属ソフトでトーンカーブ調整、フィルムV2選択

 今度のYASUHARA MADOKA(F)は、前回の改造前の(E)の個体より結像性能的に「当たり」だった。
全方位、周辺までシャープ。工業製品には、大メーカーの製品も含め、どうしても当たり外れはあるのが正直な感想。

参考:JPEG撮って出し

Madokaf_ex1


 雲が通過するあいにくの天気(今年、当地は晴れてもこんな日ばかり)だが、北アメリカ星雲はほんのり赤く写っている。
RAW現像ソフトも、星景レベルなら一通りいじれる要素は揃っているので、問題ない。

 星景にはIRカットフィルター除去改造はちょっとやりすぎ感があると思っていたので、とても気に入った。

 少なくとも、今後キヤノンがミラーレスに本腰を入れるのか否か、X-M1の導入でじっくり待てるわけだ(笑)。

|

« 富士という選択 | トップページ | EOS M10 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/62415141

この記事へのトラックバック一覧です: X-M1とM3:

« 富士という選択 | トップページ | EOS M10 »