« 初夜空 | トップページ | 寒い朝 »

2016年1月10日 (日)

カタリナ彗星 C/2013 US10

 久し振りの天文現象観測(笑)

Katarina_2016110st

EOS M3/EF50mm 1:1.8 STM F4/150sec ISO800 RAW
2016/ 1/10 2:24-     SPACEBOYで追尾 DPP4で現像

文字入り画像。

Katarina_2016110stc

東天に横倒しになって昇ってきたうしかい座に、寄り添うようにして位置している。


300mm望遠とDSLRだと、なんとなくファインダーでも認識できるような、できないようなもやもやとして認められる。(日本語変)

Katarina_2016110_4c

EOS Kiss X7/EF300mm 1:4L 開放/120sec ISO1600 RAW
2016/1/10 1:53-  SI7で4コマ加算平均  SPACEBOYで追尾
合成でずれた分だけわずかにトリミング
(ふちありサービスサイズの写真程度)

マツダのマークみたいに、2方向に尾が引いているように見える。

久し振りの長玉で、極軸の合わせ方も忘れているし、鉛シール蓄電池のヒューズは切れていて、たまたま車内に落ちていたピン止めで急きょ短絡してしのぐなど、ピンチの連続(笑)
-5℃は、ここらではそう冷えた内に入らないのですが、ここのところ平年より暖かい日が続いていたので、寒さが身に染みる。

天文画像処理ソフトのステライメージ7のバッチ処理の使い方もすっかり忘れていて、手動合成(笑)

|

« 初夜空 | トップページ | 寒い朝 »

コメント

この彗星、私も何回か撮影を試みたのですが、機材の不備もご同様(失礼)にバタバタ状態で、そもそもきちんと導入できないうちに終わったのが2度ほど。ようやく撮れたのも、なんだかなぁという感じでBlogにも上げていません。(^^;

投稿: ich | 2016年1月13日 (水) 18:14

>ich様

そのうち撮ってみなきゃいかんかなぁ、と思いつつ、ようやくレンズを向けました。
そもそも趣味を義務感みたいに感じてちゃ、終わっていますね(笑)

鉛シール蓄電池の充電器の端子が中で短絡してしまい、充電器も×、蓄電池のヒューズも×でした。
(バッテリーオーディオもダメになりました。早く復旧しないと)
北極星に対して、天の北極がどちらにあるかも忘れるしまつ。

でも、APS-Cで300mmなら尾が画面外に出るような、実はすごいやつが来ているのですがね。
重い腰がなかなか上がらいない(苦笑)

投稿: keypon13^2 | 2016年1月15日 (金) 09:44

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/63038967

この記事へのトラックバック一覧です: カタリナ彗星 C/2013 US10:

« 初夜空 | トップページ | 寒い朝 »