« ヒルクライムレース2016に向けて | トップページ | デジイチ新機種雑感 »

2016年4月 2日 (土)

EOS M3を1年使って

 自分的には、すっかりメイン機種になってしまった。
最近は、銀塩時代のレンズが思いがけず安く手に入ったりするので(分解して1~2面ふき取るだけできれいになったりする)、アダプターを介してこんな遊びをする。

Eosm3y1

特に、Canon FDレンズは、同社レフEOSではフランジバックの互換性がなく、素の味をCanonで楽しむにはミラーレスEOSによる他ない。

 篠ノ井線旧線廃線跡

M3_nikkor2835

M3_nikkor28352

EOS M3/Auto NIKKOR 28/3.5 F8

  こんなとき老眼人種は、やはりEVFで拡大機能でピント合わせすることになる。
昼間じゃ背面液晶はつらいし、最近めっきりスマホ老眼が進んでしまった。
近眼がこの歳なのに1年で1Depも進み、遠くが見えるように矯正すると、ますます近くが見えない。そこでEVFなのだ。
 また、このEVFは首を振れる。最初邪魔臭いと思った。が、天体写真で苦しい姿勢の時、メガネとの光軸を合わせるとき、振ると便利なことに気付いた。

 このEVFの機能、見え味は概ね合格なのだが、KissX7のほうが写真を撮る行為が楽しいことがあった。猫などの動きモノのフレーミングの問題が一つ。そして秋になり気づいたことがあった。写った結果は問題ないのに、紅葉などの赤がEVFではイマイチしょぼく見えるのだ。調整できるのか調べたが、少なくてもファンクションなどで調整できるものでは無いようだ。今後のさらなる改良に期待したい。

 AFが遅いといわれ続けたEOS Mシリーズだが、M3では暗い・低コントラストなどの苦手ないくつかのパターン(条件)を心得ておけば、たいていの場面ではズバッと決まる。FUJIのX-M1は昼間普通に合焦しそうな条件で何としても合わずイライラすることがあって、すっかり外出が減ってしまった。夜のMF専用機になりつつある。OやPaのちょっと前のミラーレスを渡されて「ちょっと撮ってもらっていいですか」と撮影を頼まれる機会もありますが、もうそんなのよりはウォブリングもはるかに少なくM3のほうがずっと速いと感じるレベルだ。もっとも、OもPaも最新ので比べなければフェアじゃないが。
 サーボAFがもうちょっとfpsが高まれば、とは思う。

 店頭で最新のEOS 80DのLVでサーボAFを試すと、5fps。AFしっかり追従でこれなら十分速い。いつだったか、中の人が「スーパーコンピューターでも搭載しないと無理です。」とか言っていたが、なんだ意外に早く達成したじゃないか。これなら今後のCanonミラーレスも期待できる。

 一般撮影には、切れのある画質で満足だし安心。どこぞのようなバカ高いレンズでないレギュラーに用意されているEF-Mレンズの描写性能が良い。
天体写真は、比較的早期にステライメージ7に対応したが、晴天に恵まれず、強い処理を施す価値のある撮影の機会がなかった。
 サードパーティーのリモコンを改造してレリーズ端子のない点は一応自分的には解決したが、それでも端子のあるKissX7のほうが使い勝手がいい。

 動画は、MP4でスマホとの親和性が高くなった。暗所の画質が良くなった気がする。内蔵マイクの音質も割といい。

 内蔵フラッシュと自撮り可能なチルト式モニターも何かと便利。すっかり初代EOS Mの出番が減ってしまった。

 動作も信用出来て、撮影に支障の出るトラブルはなかった。しいて言うと、この個体だけかもしれないが、時たま水準器がフリーズする。そんな時は、電源を切り入りすれば治る。が、そのようなことはないに越したことはない。

今後は、

1、レリーズ端子
2.EVFのさらなる見え味(色味・動体適応)向上
3、サーボAF時におけるfpsの向上
4、専用交換レンズの充実

をお願いしたい。

|

« ヒルクライムレース2016に向けて | トップページ | デジイチ新機種雑感 »

コメント

FDレンズはマウントを交換すれば、KissX7でも楽しめますよ。

FDレンズ を EOSへ
http://fd2eos.exblog.jp/

投稿: FD2EOS | 2016年4月16日 (土) 12:50

>FD2EOS様

 ブログ拝見しました。奥が深いです。
良いものを見せてもらいました。またじっくり拝見したいです。
フルの画角で使ってみたいFDレンズがあるのですが、フルだとミラー干渉との記事がありましたが、レンズによるのでしょうか。

投稿: keypon13^2 | 2016年4月17日 (日) 23:56

85mm位からの中望遠からは大丈夫みたいですけど、85mm F1.2L は10m~無限の範囲でミラーに干渉したりしますからね。
撮影距離によって、レンズが動くので干渉します。
レンズを教えてもらえればお答えできると思います。

投稿: FD2EOS | 2016年4月18日 (月) 15:26

>FD2EOS様

 スピゴットマウントの古いFD50mm 1:1.4SCCと
NEW FD28mm1:2.8です。
広角は厳しいでしょうか・・・。

投稿: keypon13^2 | 2016年4月19日 (火) 00:23

ブログ更新してます、見てください。
http://fd2eos.exblog.jp/24312669/

FD50mm 1:1.4SCCは、
5Dc,5D2,6Dで 8feet(たぶんレンズ目盛り、以下同)
5D3 で 15feet でミラーコンタクト、つまり接触します。


New FD28mm F2.8は
5Dc,5D2,6Dで 2feet
5D3 で 4feet で無理っぽいですね。

New FD24mm F2, F2.8 で接触しないとありますが、現物合わせしないとなんともいえません。

投稿: FD2EOS | 2016年4月19日 (火) 10:07

>FD2EOS様

ブログ拝見しました。興味深いです。
たまたま、私もFDレンズではないですが、TAKUMARレンズで似たようなことを経験していました。
調べていただき、大変ありがとうございました。
やはりFDとEFのフランジバック2mmの差は”壁”がありますね。
FDレンズとの互換性を捨てて、思い切った新マウントのおかげで今日のCanonがあるわけですが、
一方、だからこそFDレンズをEOSで使ってみたいというのもありますね。
私も、何らかのチャレンジをしてみたくなりました。

投稿: keypon13^2 | 2016年4月20日 (水) 22:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/63427154

この記事へのトラックバック一覧です: EOS M3を1年使って:

« ヒルクライムレース2016に向けて | トップページ | デジイチ新機種雑感 »