« EF8-15mm F4L FISHEYE USM ファーストライト | トップページ | 6/1の夜空 »

2016年5月19日 (木)

アンチアーレス

アンタレスの語源はアンチアーレス(火星に対抗するもの)・・・きっとその赤さを競うのだろう。いま、まさにそんな状態。

Sco2016512

EOS 6D/EF28-135mm 1:3.5-5.6 IS USM(35mm)F5.6/120sec ISO1000
5/12 23:48- POLARIEにて追尾

左上拡大
F4

Coma40


F5.6

Coma56

あらを探せば、コマ収差はF5.6に絞っても若干残っている。
が、全体パッと見には、やすっちいズームにしては意外と悪くない。

EF28-135mm 1:3.5-5.6 IS USMの古さを感じるのは、手ぶれ補正が公称2段だということ。公称4段の最近のレンズに慣れてしまうと、手ぶれ補正効果は物足りない。まあ、天体撮影には関係ない性能ですが。


|

« EF8-15mm F4L FISHEYE USM ファーストライト | トップページ | 6/1の夜空 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: アンチアーレス:

« EF8-15mm F4L FISHEYE USM ファーストライト | トップページ | 6/1の夜空 »