« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »

2016年7月24日 (日)

EF 50mm 1:1.4USM

 1993年発売開始の、もうもはやクラシックレンズ。
そろそろリニューアルかも。
他社で超弩級のレトロフォーカスタイプの植木鉢みたいにでかい高性能レンズと比べて、数値的には過去のものだろう。
 
 F1.8の撒き餌もリニューアルして、ジーコAFやいかにもやすっちいプラマウントからも解放されて、あえてF1.4を選ぶ動機もさほどない。
 でもねぇ、気づいてみれば距離環のないSTMレンズばかり増殖した。

Stm_oukoku

続きを読む "EF 50mm 1:1.4USM"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 4日 (月)

MOMOによる星景

MOMOはやや広角気味の標準レンズなので、画角的には、星景にはよさげ。
ただ、開放でもF6.4と暗いので星には使いにくいと思っていた。
しかし、昨今の高感度デジカメとポタ赤を使えば、暗いことはそれほど困らない。


開放F6.4

Sco_momof64

EOS 6D/YASUHARA MOMO 6.4/43mm  /120sec ISO1600 現像時-1/3EV
2016/7/3 23:53- POLARIEにて追尾

続きを読む "MOMOによる星景"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2016年7月 3日 (日)

MOMOキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

MOMO100は、安原製作所の新作のソフトフォーカスレンズ。

Momo_s1

言わずと知れた、1912年のVEST POCKET KODAKについていたレンズにそのルーツがある。

Momo_lens

安原製作所HPより。

基本1群2枚のレンズで対角線画角53°・・・中判の標準レンズの流儀ともいえる画面対角線と等しい焦点距離・・・を実現するには、いろいろつらい面があることは、当時の技術者も重々承知だったことでしょう。だから、開口をフードで制限することで実用範囲の画質を得ていた。

しかし、その制限を(たぶんいたずら心で)外してしまったら、設計者の意図しない収差が軟焦点を醸し出して、あらたなアイテムとなったとは興味深いことである。

そんな遊び心が19,000円(予約者のみの特典価格)で買えるなら、面白いではないか。

続きを読む "MOMOキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!"

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2016年6月 | トップページ | 2016年8月 »