« 猫のいる生活2周年 | トップページ | ラジカセ(3) »

2016年9月 9日 (金)

やばいよ。

・EOS M5。やばい。
老眼人間には望んだEVFが、ついに内蔵化。
ついにスクープ画像にリモートケーブル端子のような模様が見える。悲願が達成されたようだ。
やばいって、車検を2台通さなければならないのに、この引力に引き込まれそうだからだ。
EOS 80Dで予感はしたが、ミラーレスにこそDPCMOSAFは生きる。
いよいよ本腰を入れてきたのかな?

EOS M3を下取りに出してでも欲しい。
しかし、EOS M3は大活躍で、車の下にも潜り、砂やオイルのついた手で握り、酷使に耐え、見かけは汚く、下取り価格は見込めない。
光量のゆとりのある所では、EOS 6Dより的確なピントが欲しいところに来るし、色合いも好みだし、AEもイメージ通りなことが多い。

それにEVFが脱着できることはいいこともある。
EVFを取り外せば、自撮り的使い方ができるからだ・
EOS M5には、チルトモニターにこの辺の何らかの工夫があるのだろうか。


・EF24-105mm F4L IS  II USM
これだったんだよ、求めていたのは。
なかなかEOS 6Dの常用レンズが決めかねていたのは・・・ II なしの初代がもうLを冠するには古すぎたから。
ああ、予感はしていたのだが、我慢できなかった。(STMで代償機制をしてしまった)

・EF16-35mm F2.8L ⅢUSM
これまたいい。求めているものをちゃんと見据えて出してきている。高すぎて買えないけど。当分Tokina AT-X 16-28mm F2.8で我慢。

・グローバルシャッター
動画方面でたまに耳に挟む程度で、大して関心も寄せていなかったが、Canonがやらかしてしまった。センサーのサンプルはできたよ。将来の応用に?みたいなニュアンスでニュースしたかと思うと、現実の動画機に。

ひょっとしたら近い将来、カメラの革命がおこるかも??
一眼レフの老舗が一眼レフをぶっ壊すようななにかが。

久々にmake it possible with canonを感じるこの頃。

|

« 猫のいる生活2周年 | トップページ | ラジカセ(3) »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/64178878

この記事へのトラックバック一覧です: やばいよ。:

« 猫のいる生活2周年 | トップページ | ラジカセ(3) »