« 辛くも1個のみゲット・・・ぺルセ群 | トップページ | EF24-105mm 1:3.5-5.6 STMの星景適合性 »

2016年9月 1日 (木)

今はもう秋・・・9/1  0時の空

久し振りに月がなくて晴れた空。
地べたに寝転んで空を見上げる。

Tenkyu160901_2

EOS 6D/EF8-15mm F4L FISHEYE USM(8mm)F4開放/120sec ISO1600 RAW
2016/9/1 0:01-POLARIEにて追尾
ステライメージ7で画像処理

あれ、こんな色だったか?

↓DPP4にて処理

Tenkyu160901

ついトーンカーブを必要以上に立ててしまいがちだが、秋の淡いながらもとうとうと流れていくような銀河をナチュラルに表しているのは、ステライメージのほうか?と操作中のモニターでは思った。
DPPのほうが色のコントロールは変数が多くなかなかうまくバックの色が落ち着かないが、星像はシルキーで色っぽい。
仕上がりとモニターの乖離がちょっと大きいような気がする>ステライメージ

5段階中2段階程度の白内障と診断された(--;)
が、まだ夜はよく見える。
水晶体の濁りがレンズ中央に限定しているため、昼間は逆光がフレアーっぽく見えるが、夜は瞳孔が開くのでさほど影響ない・・・逆アポダイゼーションレンズ状態・・・のようだ。

今後、肉眼で見えない星たちを伝えてくれるカメラの存在は、自分の中で一段と大きくなるだろう。
ここへきて、強力な新作Lレンズが2本誘惑する。

まあ、Lレンズ一本買う前に、自分のレンズを交換した方がトータルのOTFは間違いなく向上するわけだが(笑)

|

« 辛くも1個のみゲット・・・ぺルセ群 | トップページ | EF24-105mm 1:3.5-5.6 STMの星景適合性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 今はもう秋・・・9/1  0時の空:

« 辛くも1個のみゲット・・・ぺルセ群 | トップページ | EF24-105mm 1:3.5-5.6 STMの星景適合性 »