« pro1900キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! | トップページ | CF-1900の修理(2) モーターいってしもーたー »

2016年10月28日 (金)

CF-1900の修理(1)

今回は、カセットのメカ部の修理(ベルトの交換)だけで済みそうだ。

Cf1900beltdr1

あと、表のテープカウンター用に⑤がある。
半分に折って長さを測り、それを2倍したものをπで割ればベルトの直径になるはずだが、そもそも伸びたベルトなので怪しい。一段小さいものも。
ひょっとして、きつすぎたらいやだので、大きいものも念のために注文。

ベルトキタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!

Cf1900beltdr2

①:メインベルト Φ90×1.2
②:テイクアップリール駆動用 Φ45×0.95
③:シャットオフカム駆動用 Φ30×1.2
④:シャットオフリール台回転検出用 Φ25×0.95(※本当はΦ27位が良さそう)
⑤:カウンター用 Φ0.95×55

このうち④のベルトを替えるのに、まず、ポーズメカを外す。

Pausem

これに邪魔されて外せなかった、ベルトの上をまたぐレバー(ポーズ時にテイクアップリールの動力を絶つもの)がようやく外せる。

ついでに、オートシャットオフメカのグリスも新しくしておく。

Shuttoffmecha

元に戻し、ベルトを取り付け、ポーズメカをつけて、ほかのベルトも変えて、さて完成。

が、
1.気まぐれにしかオートシャットオフしないorz
2.ポーズレバーが2段階に段付きになる。??

もう一度バラシ。
ここ(矢印)だけに古いグリースが残っていて、オートシャットオフの駆動を伝える関節の戻りが悪かった。

Shuttoff

2段階ポーズも、このオートシャットオフメカの留めねじと穴にあるわずかな遊び・・・位置関係・・・の問題だった。なんと微妙なメカだ。

そのたび開けたり締めたり。
でもこんなことでめげてはいけない。何といっても、初恋の人なのだ(笑)
全身全霊を込めて同級会なのだ(笑)

ようやく、メカ的には完璧なはずだった。
フルオートシャットオフも効くぜ。
早送りもちゃんとできるよ。

短い幸せが訪れた。

|

« pro1900キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! | トップページ | CF-1900の修理(2) モーターいってしもーたー »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/64412170

この記事へのトラックバック一覧です: CF-1900の修理(1):

« pro1900キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!! | トップページ | CF-1900の修理(2) モーターいってしもーたー »