« CF-1900の修理(5) | トップページ | CF-1900のサーボモーター化 »

2016年11月14日 (月)

pro1900のその後

完動状態で延べ5時間は過ごせただろうか。
しかし、不幸は突然に襲ってきた。

今までの美声が・・・

突然、ワウフラッターの塊と帰したのであります。(;´д`)トホホ

しかし、すぐには分解せずに経過を観察。
ラジカセ本体を横倒しに(スピーカーを天に向ける)と調子が良くなる。

なぜだ。

しばらくすると、それでも乱調になる。
しまいには、プチプチノイズが常に出る。それも派手に。
ところが、しばらく休ませると・・・。
元の美声に戻ったりする。
ワケ・ワカ・ラン

・じきに整流が悪くなるのはひょっとして?シャットオフ回転検出ベルトの張りが強め(入手の都合上Φ25mmだが本当はΦ27mm程度が望ましい)なのかな、というところがあり、負荷が重すぎるのか。→シャットオフベルト関連2つのベルトを外して、シャットオフを殺して様子見。→依然、発作は起こる。
・モーターの軸受けのスラストが良くないのか。
・ブラシの触る整流子の一定部分が良くないのか。
  ドナーからテフロンワッシャーをモーターの電機子軸に追加して、当たりの場所を変える。→全然関係ない。
  ブラシのあたりを強くする→無負荷電流が40mAから50mA程度に増えるのみで改善無し。

しばらく無負荷で回していると、クークーとうなるときがある。軸がかすかに踊っている。指で押し付けたり、誘発させたりするとかすかに軸にガタがあることが分かる。
整流子は悪くない。どんどん負荷をかけてガバナーが常に閉じの状態になると、重そうながらも粛々と回っている。
結局、モーターの軸と軸受けのクリアランスが大きいことが原因で、ローターがスリコギ運動を起こすとき回転がおかしくなり、整流も悪化することを突き止めた。
スリコギモードになると、遠心ガバナーも変な振動を拾って回転数制御が不調になる。

つまり、素人では、プチプチノイズを発するモーターは、軸受けの不調の場合は、どうにもならないわけだ。

ここまで全身全霊?を込めた結論が「救えない」とは。

ごまかし仕事として、軸受けに粘性の高いグリースを入れたら・・・。

Grease

一番左の、グリースはいかにも精密機械には「粘」、重そうである。
実際、こいつを軸受けに塗ると、無負荷電流は120mAにも達し、うまくなさそう。発作も改善しなかった。
ミシン油は、サラサラすぎてスリコギ運動を抑制する力はなかった。
結論から言うと、中央の「グリースメイト」が良かった。
無負荷電流は70mA程度と、乾燥状態の2倍ほどにまで増えるが、メカに組んだ時まで2倍になるわけではない。30mAが底上げされる程度で、比率としては問題なさそう。

時々発作が起きそうな感じになるときはあるが、持ちこたえて、「ワウフラも味のうち」の範囲に収まっている。
お祝いに、ロッドアンテナの先も代用品ではあるが、取り付けた。

Pro1900ok

再び幸せは訪れた。
ただし、あくまでも、ごまかし仕事ではある。
原因が分かったので、次に発作が起これば対策したい。

出来れば、同じ6VのビジネスデンスケTC-5000などに搭載しているD-013F(サーボモーター)に替えたいところではある。メカニカルガバナーより振動を誘発しにくい予感がする。でも、TC-5000を手に入れてしまったら、そちらを直したくなるだろう。
ラジカセ病は再発・転移していきそうだ(笑)

|

« CF-1900の修理(5) | トップページ | CF-1900のサーボモーター化 »

コメント

コメント失礼いたします。
 現在当方では日立のラジカセ(TRK8280)を修理しているのですが、似たようなぱちぱち音に悩まされています。症状としまして、
 1 カセット再生中、ラジオ受信時に突発的にぱちぱち言い始めだんだんと音が大きくなる。(雨音を小さくした感じ)イヤホ   ンでも聞き取れるノイズ。
 2 コンセント、電池両方で雑音が入る。
 3 ボリュームや音質調整では治らない。
 4 本体を軽く殴るとほとんどの場合止まる。
 5 保守機が何台かあるがこの個体だけ不具合が・・・。
などです。回路上の部品に何か不具合があるのではとにらんでおります。

自分は珍しく日立が好きなのですが、この時代のソニーの直線美にはやられます。是非いい音を再現させたいものですね!


因みにマクセルのカセットテープ UDが復刻しましたがもう入手されましたか?自分はまだです・・・・。限定生産なので早く手に入れたいものです・・・。

投稿: よしを師 | 2016年11月27日 (日) 05:26

>よしを師様

コメントありがとうございます。

当方のCF-1900も不思議な経験をしています。
パチパチノイズはモーター回転時のみに発生するので、モーター由来なのだと思いますが、
そのモーターをジャンク(ドナー)に戻すとノイズの発生がなかったりしました。
最近、サーボモーター化で回転は安定しましたが、寒いときやはりパチパチいうときがあります。
べつにモーターは寒くてもノイズに温度が関係あるとも思えませんし。
パワーアンプや電源部の半導体か電解コンデンサーあたりが怪しいと思い始めました。
もう少し研究してみます。

UD復刻ですって!? ぜひ手に入れたいです!

投稿: keypon13^2 | 2016年11月28日 (月) 12:08

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/64492845

この記事へのトラックバック一覧です: pro1900のその後:

« CF-1900の修理(5) | トップページ | CF-1900のサーボモーター化 »