« EOS M6(5) 星景 | トップページ | レフ機とミラーレス »

2017年6月26日 (月)

EOS M6 (6) 呟き

EOS M6は、ちょいとまだお値段は高めだけど、キヤノンのミラーレスとしては特にAF、連写性能で確実に進歩したと思う。

ただ、ミラーレス先進他社のハイエンド機たちが何かと話題をさらっていくので、キヤノンとしては最新最良であっても、あくまでも中堅機種。地味な印象も免れない。

そしてM6はM3と性能差はあるが価格差も大きいので、M3も併売かと思いきや、M3は販売終了。
M10は、間口を広げるのにはいいが、M6とはスペックが違いすぎやしないか。

値段のこなれたS社のα6000当たりと比べると、秒間連写コマ数などスペック上はいまだ追いついていないように見える部分もある。

make it possible with canon といったワクワク感が最近乏しいのではないか。

いや、きっと黙ってO社やS社の動向を指をくわえてみているはずはない。
DPCMOS AFは像面位相差画素という欠陥画素がない、理論的に曇りのない正攻法であるし、動画機にはグローバルシャッターも現実の商品として世に出しているキヤノンである。
何らかの胸のすくような、すごい回答を見せてくれるに違いない。

なお、EF-Mレンズはまだシステムとして物足りないといわれるが、山椒は小粒でもピリリと辛い的ないいレンズ群であると思う。庶民に手の届かないものすごい価格でバカでかいレンズが高性能なのは当然。庶民に手の届くレンズの描写がいい、これが重要だと思うのである。いつの間にか、EF-Mレンズ、便利ズーム以外は揃えてしまった。便利ズームも欲しいと思っている。
歪曲など、他社のミラーレスと違い、デジタル補正に頼りすぎないこだわりが見られる。

まあ、頑張ってほしいものだ。




|

« EOS M6(5) 星景 | トップページ | レフ機とミラーレス »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/65462104

この記事へのトラックバック一覧です: EOS M6 (6) 呟き :

« EOS M6(5) 星景 | トップページ | レフ機とミラーレス »