« EOS M6 (6) 呟き | トップページ

2017年6月28日 (水)

レフ機とミラーレス

山登りの最中や、わが職場の休憩時間を含め、中高年層は、「もうミラーレスでいいや」という声を多く聞く。

一つは、重く大きい一眼レフじゃなくても動体も追えるようになったし、手振れ補正も相まって、気軽に持ち歩けるといった趣旨のもの。
一つは、そもそもあまり写真を撮らなくなってしまった。特にフルサイズデジイチを持っていても宝の持ち腐れ的なもの。

一方、若い世代の人はA君「ミラーレスからD7200に持ち替えて、スゲー写真が楽しいっす。」B君「これからデジイチ買おうと思っていますニコンのD5600にほぼ決めています。」と嬉しそうに言う。(なぜか、うちの職場はニコン党が多い)

さて、どういうことだろう(笑)

一つには、レフ機を凌駕するようなすごいミラーレスは出たことには出たが、まだまだ若者(ほかにも使いたいことはあるし)には手に届きにくい存在なのではないか。
そこへ行くと中堅どころのレフ機はそこそここなれた価格で高速連写性能も実用上困らないし、光学ファインダーのもつ優れた動体把握性は、気合の入っていないEVFよりやはり優れるということか。

それとも、彼女とデートするときにNikonってはいっている一眼レフのほうがなんとなくキマるからかねぇ(笑)

自分はどうか。
ミラーレスかレフ機かというよりも、フルサイズは自分にはやはり”猫にフル判”であったという感じがする。もちろん、高感度にかけてはいまだにEOS 6Dは現役だし、APS-Cの敵ではない。
しかしなのにEOS 6Dよ、あまり活用してあげなくてごめん、という気持ちになるのだ。
見積もりを出してもらっては「やっぱり一度手放すと2度とフルサイズは構築できないだろうな。」といくつかレンズだけ売って、そのたびEF-Mレンズが増えてくる。
しまいにはフル用は撒き餌レンズとFISHEYE ZOOMだけに。
純正の円周魚眼を楽しめるのはキヤノンフルサイズと思ってとっておいたが、魚眼ってすぐ飽きる。YASUHARA MADOKAで充分な気がするのである。
ついに魚眼を売って、さらに差額を足してEF 16-35mmF4L IS USMにした。
テレ端が35mmになることで、トキナーの16-28mmよりぐんと常用性が上がる。それよりも小型軽量だし、機動性もいい。これで6Dの持っている力を発揮させてあげようじゃないか。

Ef1635f4teset

EOS 6D/EF16-35mmF4L(16mm) F4開放/3min ISO800
POLARIEにて追尾 RAWからDPP4にてトーンカーブ調整、周辺減光補正

このレンズ、スゲー。LV拡大で星像のピント確認しているときからただモノではない焦点の結び。懸念していた周辺減光も補正OFFではドラマチックな表現に、補正ONではやはり純正、バシッと効き目が決まる。

それでもしかし・・・
売却してその金で早く白内障の手術をして、トータルのMTFを向上すべきか、とも思うのである。キヤノンの機材って下手にリセールバリューがいいせいもある(苦笑)

ああやばい。6D2も魅力的な形でスタンバっていそうだが、おそらくいかないだろうな。それより目の前のEOS 6Dを死守するべきか。ってほんとにどうでもいい悩み。

|

« EOS M6 (6) 呟き | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/36015/65469410

この記事へのトラックバック一覧です: レフ機とミラーレス:

« EOS M6 (6) 呟き | トップページ