« smc PENTAX-DA FE 1:3.5-4.5 10-17mm ED[IF]の円周魚眼化 | トップページ | RF35mm F1.8 MACRO IS STMの点光源特性 »

2019年1月 7日 (月)

1/6部分日食

テレビの天気予報で知るまで、完全にノーマークだった(苦笑)
観測や撮影には、何といっても減光処置。
ND100000・・・10万分の1に減光するほぼ真っ黒なフィルター、どこに行ったっけ。
出てこない。
急きょ、即席でリポDのビンに灯油を入れ、軍手を破いて芯にした灯油ランプでガラス板に煤を付け、
なんちゃってND100000(笑)
良い子の皆さんは、必ず正しく製作された減光フィルターをご使用ください。

Nd105

あいにくの曇りがちの天気。


共通:EOS M6/EF-M 55-200 1:4.5-6.3(200mm)
/なんちゃってND100000フィルター使用。1200mm望遠相当にトリミング


9:02            1/200sec  F14  ISO6400

Sunec0106_902


10:11          1/250sec  F7.1  ISO1250

Sunec0106_1011

太陽撮るのにISO6400まで感度上げるのバカ(苦笑)
曇りがちだし、なんちゃってNDフィルターだからしょうがないじゃん。
見れただけでも儲けもの・・・?

|

« smc PENTAX-DA FE 1:3.5-4.5 10-17mm ED[IF]の円周魚眼化 | トップページ | RF35mm F1.8 MACRO IS STMの点光源特性 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 1/6部分日食:

« smc PENTAX-DA FE 1:3.5-4.5 10-17mm ED[IF]の円周魚眼化 | トップページ | RF35mm F1.8 MACRO IS STMの点光源特性 »