« 1/6部分日食 | トップページ | EF 24-85mm 1:3.5-4.5の点光源特性 »

2019年1月 8日 (火)

RF35mm F1.8 MACRO IS STMの点光源特性

 申し合わせたように、Nikonのミラーレスにも35mm F1.8が出た。
向こうのは、EDレンズ2枚に加え、非球面レンズ3枚を奢った力作で、開放でも高い点像再現性を謳っている。S‐Lineということでお値段的にも相当格上。

  我がRF35mmはどうなのだろう。RF初回製品の中で、唯一欲しいと買えるが両立するレンジで、選択の余地はなかったが。

Rf35rear

このレンズ、かなり後玉が突き出ている。
レンズ枠の一番飛び出ている場所は、マウント面から9㎜(物差しによるアバウトな測定)ほどもある。
撮像面からのバック寸法は11mmしかないことになる。

Rf35front

 前玉は小さく、チープなレンズの装い(笑)
手振れ補正をONにして前から眺めていると、手振れ補正レンズが結構ダイナミックに動くのに驚かされる。

 対するNikonのZ35㎜ F1.8の光学系配置は、は割と今までの積み重ねの延長線にある感じだ。

テストチャートの夜景

Rf3518all
EOS R/RF35mm F1.8 MACRO IS STM/F1.8開放 4sec ISO400

左下隅 全画面の1/100の面積部分 の拡大
F1.8開放

Rf3518tr


F2.8

Rf3528tr


F4

Rf3540tr


F1.8開放絞りでは、萎えるようなコマ収差が出ていて、一瞬「S-Line羨まし」と思った。F2.8でも残っているが絞るにつれて急速に改善し、F4では事実上点像といってよい。光学系の構成は全く違うが、コマの芯がしっかりしていて細いとがった羽が広がる・・・EF35/2 IS USMに似ている。

実際の星景ではF3.5でも試したが、F4と変わらぬくらい良好だった。(雲が出て、厳密な評価は持ち越し)

Rf3540seikei

EOS R/RF35mm F1.8 MACRO IS STM /F4 300sec ISO200

右上隅1/100の拡大
F3.5

Rf3535smag


F4

Rf3540smag

ついでに周辺光量チェック。(補正OFF)
F1.8

Rf3518genko


F2.8

Rf3528genko


F4

Rf3540genko

 S-Lineもあっぱれだが、高すぎるし長くて重いし。ということにしておく。補正無しで周辺光量まで含めたパーフェクトを望むならあっちもF4程度まで絞る必要がありそうだし、開放で点像を望むなら親分(EF35/1.4L2)のお出ましを願う方法もある。どこにそんな金があるのか、は置いといて。
 
 何とか手に届く値段、EF35/2 IS USMよりもコンパクトで軽量、1/2までマクロが利く付加価値、ボケが割と素直で空気感が出るし(作例はまだ無し・・・笑)、作り手からの提案のある、常用できかつ個性的なレンズではなかろうか。

|

« 1/6部分日食 | トップページ | EF 24-85mm 1:3.5-4.5の点光源特性 »

コメント

FD17mm F4も、マウント改造でマウント面から8.2mmほどありますからね。
RFレンズは新設計で光学的に挑戦しているんだと思います。
試写はレンズの個性を知る上で、有効だと思います。
https://fd2eos.exblog.jp/27717025/

投稿: FD2EOS | 2019年1月 8日 (火) 13:07

>FD2EOS様

 昔の一眼レフ用広角レンズって、意外と後ろが出ているものがあるんですよね。
PENTAXのTakumarも6Dに使うときは鏡枠を削ったり、LVでミラーあげてから∞に戻したり、遊び心の中にも苦労してました。
RF35㎜F1.8は制限の緩和されたバックフォーカスのなかで、新しい挑戦が感じ取れます。
貴ブログではじっくりとFDの絞りによる変化を拝見しました。
EOS RではFDレンズの装着には不自由がなくなりましたので、欲しいレンズ(特にFD24mmF1.4L)もあるのですが、高嶺の花です。

EOS EF-MはてっきりAPS-CミラーレスEOSと勘違いしてましたが、MFのEOSだったのですね。

投稿: keypon13^2 | 2019年1月 8日 (火) 14:50

Canon EF-M のほうがわかりやすかったかな?
https://global.canon/ja/c-museum/product/film149.html
国内に無いので個人輸入ですね。
FDレンズを取り付けて、絞り優先AEが利くのかこれから確認ですね、
AEが利かないと完全マニュアルになります、これはこれで貴重かと・・・。

New FD24mm F1.4L ですか・・・、作例を載せておきますね。
https://i.imgur.com/aoemmA0.jpg・・・Size 20MB たぶん開放
https://i.imgur.com/C5mdanT.jpg・・・Size 8.7MB 絞込み
https://i.imgur.com/tqBEqrX.jpg・・・Size 11MB 開放

投稿: FD2EOS | 2019年1月 8日 (火) 19:49

>FD2EOS様

 EF-M・・・これで謎が解けました。電気接点通じてなくても絞り優先AEが利くといいですね。

 NewFD24mm F1.4L、作例見てますます使えると確信を持ちました。
流星群の撮影に欲しいんですが、相場はおいそれと買える値段ではないですね。

新生RFでも出してくれるといいのですが24mm F1.2Lとかぶっ飛んだの出しそうで、それはそれで面白いのですが、予算措置が怖いです(笑)

投稿: keypon13^2 | 2019年1月 8日 (火) 23:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: RF35mm F1.8 MACRO IS STMの点光源特性:

« 1/6部分日食 | トップページ | EF 24-85mm 1:3.5-4.5の点光源特性 »