« 理想の24mmを求めて(?) | トップページ | 5/7のこと »

2019年3月10日 (日)

岩本彗星(C/2018 Y1)

せっかくEOS Rを得たのだから、久しぶりに天文趣味を再開することとしようか。

2/24夜の撮影。

Iwamotos

EOS R  EF50mm 1:1.8STM  (F4)/30sec ISO3200
2019/2/24 19:44-
SPACEBOYで追尾

300mm望遠レンズで拡大。

Iwamotosmag

EOS R/EF300mm F4L (F4)/90sec ISO1600
2019/2/24 20:14-
SPACEBOYで追尾


EOS Rでの天体撮影は極楽そのもの。

暗視ブースト機能のようなEVF。
星座の形がキラキラとファインダーに浮かび上がる。撮影結果ではなく、今撮影しようとする星が。

しかし今回、対象が天頂近くで、ご自慢のEVFものぞき込めない状況。
この300mmレンズは、姿勢によってピントが少し変化してしまう。
水平に近い星でピントを決めても天頂に向けるとピンボケ。

だが、そんな時でも、バリアングルモニターを開けばOK。
F4のレンズでも視野内に星は光っている。モニターでのMFのピント合わせも楽勝。

さて、さすがの「自動暗視ブースト」でも、さすがに彗星は、見えない。
一回アバウトに向けて撮影すれば、いくつかの星との位置関係がわかる。
それと撮影前のモニターを交互に見比べれば、構図は容易に決められる。
こんなに楽なクローズアップ撮影は、初めての体験だ。

EVFの明るさがコロコロかわってイラつくとか・・・いろいろ粗削りなことが言われるEOS R。しかし、天文用途では、できないことができるメリットに比べたら、子細な問題。

|

« 理想の24mmを求めて(?) | トップページ | 5/7のこと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 岩本彗星(C/2018 Y1):

« 理想の24mmを求めて(?) | トップページ | 5/7のこと »