shinshu-no5.cocolog-nifty.com > 169系資料室

404_電制BS13段

404_電制BS13段

電制の直列段最終ステージです。
力行時と違って、0Ωにはできません。
ブレーキ操作に応じた発電電流を、広い速度域にわたってできるだけ維持しなければなりません。
さらに低い抵抗値、しかし0Ωではない負荷を作り出すために、抵抗器のグループを直列から並列に、抵抗値をあまり急変させず切り替えなければなりません。ここでもK1のご厄介になります。
T1~T4の4段階の渡りを経て、切り替えます。力行時のようなスマートさはないような気がするなぁ。多少苦し紛れも感じますが、限られたエレメントでスムーズに切り替わるような定数が選ばれています。

※注電制時の直列・並列

直列段でも、主電動機群は1-4MMと5-8MMの2グループが最初から抵抗器に対して並列に接続されています。
電制時の直列・並列は、抵抗器群(図面上、下)の接続に注目して呼んでいます。