shinshu-no5.cocolog-nifty.com > 169系資料室

100_主電動機と車輪、歯車箱

100_主電動機と車輪、歯車箱

左隅に写っている物が、169系電車の動力源、主電動機(メインモーター、MM)。

169系のモーターはMT54、(同B、D)。
電圧は375Vで一時間定格出力は120kW。


MMはモーター側歯車19T、車輪側歯車80Tの比率で減速され、車輪に伝えられる。
19:80≒1:4.21 これを歯車比といい、走行性能を決める重要なファクターとなる。
駅間の短い通勤電車では歯車比を大きくし、起動加速度を大きく取る。
駅間の長い用途ほど、高速域での性能を重視して歯車比を小さくする。

元祖新性能通勤用101系  15:84=1:5.60
中距離電車115系他     17:82≒1:4.82
急行型165、169系他    19:80≒1:4.21 
特急型189系他        22:77=1:3.50

この歯車比の違いで、運転操作上異なる部分も出てくる。